レアルDFラモス、歴代“武闘派”を凌駕 欧州5大リーグ最多タイの退場数に現地紙注目

レアルDFラモス、歴代“武闘派”を凌駕 欧州5大リーグ最多タイの退場数に現地紙注目

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/12/07
No image

ビルバオ戦で退場のラモス、欧州5大リーグ通算最多タイとなる19度目の退場処分

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは約10年間にわたって“白い巨人”の最終ラインでレギュラーを張り続け、押しも押されもしない不動の地位を築いている。その一方で現地時間2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第14節アスレティック・ビルバオ戦で退場し、欧州5大リーグ通算最多タイとなる19度目の退場処分を受けたことをスペイン紙「AS」が報じている。

鼻骨骨折を負いフェースガード姿で臨んだセルヒオ・ラモス。ビルバオ戦では堅守を見せていたが、前半11分にこの日一枚目のイエローカードを受けると、試合終盤の後半41分に二枚目の警告を受けて退場処分に。試合はスコアレスドローに終わったが、セルヒオ・ラモスのハードマークが悪い方向に出てしまった。

これを受けて同紙は5大リーグ最多退場者など、様々なデータを紹介。セルヒオ・ラモスの通算19回に並ぶのは、リーグアンでマルセイユやモナコなどに所属経験のあるMFシリル・ロールのみ。DFパオロ・モンテーロ(ユベントスなど/16回)、MFロイ・キーン(マンチェスター・ユナイテッド/13回)、レンス・ノボトニー(レバークーゼンなど/8回)といった名うての武闘派を凌駕する数字となった。

意外にもスペイン代表での退場は…

興味深いのは所属チームでの退場数だ。若き日を過ごした頃のセビージャでの50試合、そして計149もの試合に出場したスペイン代表では一度も退場処分を下されていない。それとは対照的にレアルでの541試合で、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)等を含めれば計24回の退場処分を受けている。22試合で1回の退場という計算だ。

セルヒオ・ラモスは現地時間6日に行われたCLグループステージ最終戦ドルトムント戦でフル出場し、カードをもらわずにチームを3-2の勝利に導いた。今後もカードをもらわずに守れれば理想的だが、退場数はある意味、勲章のようなものかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マンU、終盤ヒヤリもルカク弾などで勝利。2位の座を堅守
降格圏ヴェローナに完敗...ガットゥーゾ監督が激怒「ふざけた結果だ」
「オーバは特別」とドルトムントSD称賛も... ブンデス5季連続二桁得点FWの問題点を指摘
優勝候補スペイン、W杯出場権はく奪!? FIFAから警告も会長は自信
レオ ポストにハットトリック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加