ヤクルト 連敗6でストップ!代打・雄平が勝ち越し打

ヤクルト 連敗6でストップ!代打・雄平が勝ち越し打

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/05/27

◇セ・リーグ ヤクルト5―1DeNA(2018年5月26日 神宮)

No image

7回1死一、三塁代打の雄平は適時打を打つ(撮影・荻原浩人)

ヤクルトは同点の7回、代打・雄平の値千金の勝ち越し打などで4点を奪い、連敗を6で止めた。

2回に先制をされたヤクルトは3回、1死無塁で山田の右越えの12号ソロで同点に。7回には1死一、三塁で代打・雄平が中前適時打を放ち、勝ち越しに成功。さらに2死満塁になると坂口が走者一掃のタイムリー三塁打で追加点。

投げては、先発の由規が勝ち星は付かなかったものの、6回105球を投げて、4安打1失点の好投を見せた。由規が降板後も中尾、近藤、石山と好継投リレーで勝利に貢献した。中尾が3勝目(1敗)。

DeNAは、先発の浜口が5回1/3、88球を投げて、4安打1失点と好投するが、打線の援護が無く、今季初勝利とはならなかった。三上が今季初黒星(1敗)。チームの連勝も2で止まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【「プロ妻」に登場!】松井稼頭央選手の妻特製!味がビシッとキマる「Mioタレ」って?
岡本よ“半端ない”選手になれ 巨人・由伸監督が飛躍期待
中田翔らパ・リーグ6選手が“インクレディブル”で声優初挑戦! 柳田悠岐はスーパーパワーで「二刀流したい!」
巨人「地獄の伊東キャンプ」とは何だったのか 巧打者・篠塚氏が明かす“意義”
W杯のコロンビア戦で一発退場した選手がヤクルト・山田哲人に激似と話題 / ネットの声「見れば見るほど山田哲人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加