髭ヅラの美女 コンチータ・ヴルストさん最新写真がやっぱり美しい

髭ヅラの美女 コンチータ・ヴルストさん最新写真がやっぱり美しい

  • Techinsight
  • 更新日:2017/11/12
No image

強烈な個性を放ち続けるオネエ系実力派歌手、コンチータ・ヴルストさん。その端正な顔立ちは大変なハンサムというべきか美人というべきか。何しろ女性らしい装いに反し、体は筋肉質で顔の下半分は豊かなヒゲが生えているのだ。「男とか女、彼とか彼女とか、そんなことより私はこの歌声で世界を魅了したい」と話す話題のオーストリア人歌手、コンチータ・ヴルストさんとはいったい…!?

今月4日、ドイツ・ベルリンで開催された『GLOW/Beauty Convention by dm』にラメがまぶしいパンツスタイルで登場したコンチータ・ヴルスト(Conchita Wurst)さん(29)。その本名はトーマス・ノイヴィルト(Thomas Neuwirth)。男であることを意識する必要がある場では“トム・ノイヴィルト”を名乗り、女性歌手であることを意識する時は“コンチータ・ヴルスト”を名乗るそうだ。

美少年として騒がれた少年時代を経てボーイバンドで経験を積み、各地でオーディションに挑戦し、艶やかな美しい声を武器に本格的な歌手を目指すようになったトーマスさん。生計を立てるために「誰もが嫌うキツイ仕事もたくさん経験した」と話す苦労人でもある。そんな彼は2014年、デンマークで開催された『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』で見事優勝し、その強烈すぎる個性もあって一躍有名人になった。2015年には『コンチータ/ Conchita』でアルバム・デビューし、シングル曲『Rise Like A Phoenix』もLGBTI(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・インターセックス)の大きな支持を得てヒット。同年の『ゴールデングローブ賞授賞式』においては、その堂々とした姿勢をメディアが絶賛したことも記憶に新しい。

「少年期から女装が好きだった」という彼(彼女)のスタイルは、世間一般のドラァグクイーンの印象とは違う。体はよく鍛えられており、胸毛を剃ることもせず豊かなヒゲを自慢する。だが端正で美しすぎる顔立ちゆえ、そのヒゲはまるで合成写真のようにも見えてしまう。彼の登場が世界のオネエたちにとって大きな衝撃であった一方、「気色悪い」としてアンチもたくさん作ってしまったコンチータさん。しかし誹謗中傷は気にしないよう心掛けているとのこと。インタビューのたびに「私は人を傷つけることが嫌いだし、誰に対してもリスペクトと愛が大切だから何も言わない。素晴らしい音楽を世に放ち、それを通じてセクシュアルマイノリティに関する色々な問題を訴えかけていきたい」と話している。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乃木坂46白石麻衣、メンバーから“下着”に疑惑 実姉の暴露も
フジ・佐々木アナ、ワイドナで次々に失態...「汗だくになっちゃて」
ローラ「しぼったぞぉ〜う!!」→「人間じゃないだろ」「リアルセーラームーン体型」
西川史子、日馬富士と「泥酔大暴れ」報道否定「離婚早まったのは事実」
右足を失いながらもセンターに...“片足のアイドル”が駆け抜けた18年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加