北海道 お盆連休の見通し

北海道 お盆連休の見通し

  • tenki.jp
  • 更新日:2017/08/11

お盆休み初日で「山の日」の今日(11日)の北海道内は、曇り空の所が多くなっています。札幌の観光名所、藻岩山(もいわやま)の上空も厚い雲に覆われています。今後も月曜日(14日)にかけて曇りや雨のぐずついた天気が続き、秋を思わせるようなヒンヤリとした空気に包まれそうです。火曜日(15日)以降は日差しと暖かさが戻ってくるでしょう。

No image

けさ(11日)の札幌 藻岩山の様子 撮影:日本気象協会北海道支社 田嶌恵

まとまった雨で空気ひんやり

今日(11日)は釧路や室蘭など太平洋側を中心に雨が降りますが、降り方は弱いでしょう。
明日(12日)は雨の降り方に注意が必要です。札幌など朝から広く雨が降り、雨脚の強まる時間があるでしょう。函館や室蘭など太平洋側西部では、まとまった雨となる恐れがあります。
日曜日から月曜日(13~14日)にかけても、太平洋側を中心に雨が降るでしょう。
雨の日が続き、雨量が多くなる恐れがあります。お盆休み中の外出は、気象情報だけでなく、交通情報もこまめに確認してください。
雨だけでなく、服装調節にも注意が必要です。特に土日の最高気温は全般に20℃前後で、平年より5℃ほど低く、内陸など場所によっては10℃近くも低くなります。秋を思わせるような涼しい空気に包まれ、日中でも羽織る物が必要となりそうです。

日差しと暖かさはいつ戻る?

北海道で広く晴れ間が出るのは、来週火曜日(15日)となりそうです。気温も平年並みに戻る所が多く、内陸などで夏日となるでしょう。お墓参りなどお出かけは、お盆休み後半の方がおすすめです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ライトアップされた「世界遺産 二条城」は幽玄な美しさ!【京の七夕2017】
警察官の男性がはねられ死亡 事故後に高速を横断か
【報ステ】北海道で観光バス転落、27人以上けが
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
交差点で軽乗用車と出会い頭、隊列走行していた自転車の4人が重軽傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加