【巨倒一問一答】DeNA・ラミレス監督、梶谷を「たくさん三振するか試合に勝つようないい仕事をするかどちらかの選手。ホームランで勝ててよかった」

【巨倒一問一答】DeNA・ラミレス監督、梶谷を「たくさん三振するか試合に勝つようないい仕事をするかどちらかの選手。ホームランで勝ててよかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/17

(セ・リーグ、巨人0-1DeNA、24回戦、巨人14勝9敗1分、16日、東京D)4位・DeNAが巨人に競り勝った。四回に2番・梶谷が先制ソロ本塁打を放つと、先発・井納は6回5安打無失点で6勝目(9敗)を挙げた。七回以降は田中健、パットン、砂田、三上、山崎康とつないで無失点リレーを完成。巨人に同率で3位に並んだラミレス監督は接戦をものにし、手応えを口にした。

--勝ち投手の井納について

「井納は本当に素晴らしかったと思います。コントロールが非常に良かったと思います。直球も150キロ以上出てましたし、フォークも非常に良くて、特に2ストライクの後の制球が非常に良かった、と思います」

--試合前「井納は大事な試合で勝っているイメージがある」と語っていた

「こういうところでしっかりっやってくれたと思います。すごく良かったと思いますし、チームにとっても大きな勝利だと思います」

--いいピッチングの中、6回でパッと代えた

「井納はいつも6回くらいがいいので、それ以降はリリーフに任せようと思い、そこで代えました」

--打順を替え、2番・梶谷が一発

「3三振はしたんですけれども、本塁打で今日勝てたということで。梶谷はたくさん三振するか、試合に勝つようないい仕事をするか、どちらかの選手なので、彼のホームランで勝ててよかったと思います。打順を替えて、そのタイミングで彼で勝てたということが非常に大きいと思います」

--明日に向けて

「明日は明日ですけれども、この勢いを明日に持っていってベストを尽くしたいと思います」

No image

4回、DeNA・梶谷が先制の右越え本塁打を放つ=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鷹バンデンハークが“4度目の正直”で札幌D白星「いい流れをCSに」
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
松井秀喜氏、特別インタビュー(下) 高木京に贈る言葉、そして自身の今後
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
  • このエントリーをはてなブックマークに追加