ラニ、チャンピオンズC最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

ラニ、チャンピオンズC最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • netkeiba.com
  • 更新日:2016/12/01

レースまでの日数間隔を考慮して、前走同様、木曜日にチャンピオンズC(12月4日・中京ダート1800m)の最終追い切りを行ったラニ(栗東・松永幹夫厩舎)。先週に続いて、内田博幸騎手が跨って、Eコースでの単走追い切りとなった。

今朝は丸内永舟調教助手で坂路馬場をキャンターで駆け上がり、頂上で内田博幸騎手と乗り替わり、Eコースへ入場する前にブリンカーを着用。ブリンカーを着用してのEコースは先週25日以来となるが、その時はかなり行きっぷりがよかったので、今回も同様のイメージだったが、8F標識から7F標識はゆったりとしたキャンター。

7Fから6Fの区間が15秒だったので、ちょっとずつ速くなっていくのかなと思ったが、ギアが替わった時のスピード乗りは抜群。その速さを保ったまま、4コーナーから直線へと向いてきたが、さすがに最後は脚が上がり気味で鞍上もしっかりと追ってのゴールとなった。

時計は6F72.1〜5F59.0〜4F46.9〜3F35.5〜1F12.0秒。いくら水分を含んで、時計の出やすいダート馬場だとはいえ、レース並みの数字には驚くばかり。ブリンカーを着用することで、いろんなことを確かめることができたようなので、収穫の多い最終追い切りになったのではないだろうか。

(取材・写真:井内利彰)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
石田ゆり子が“まだ独身”のワケは...「結婚しない美女優たち」のウラ事情
どうして...?女性がスーパーで「エッチな気分になっちゃう」食べ物4選
他人のお尻を洗った「温水洗浄便座」......衛生面を専門家が解説!
秒速で笑えるマンガ『矛盾』タイクツくんDX|退屈先生
現役アイドルがまさかすぎる形で引退を発表「この度私の妊娠が発覚しました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加