今季引退のオルティス、8度目最優秀DH賞 打率・315、38本塁打、127打点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01

大リーグ機構は30日(日本時間12月1日)、今季限りで引退したレッドソックスのデービッド・オルティス選手(41)がエドガー・マルティネス賞(最優秀指名打者賞)に選出されたと発表した。3年ぶり8度目の受賞。

現役最終年の今季は140試合に出場し、打率・315、38本塁打、リーグ最多タイの127打点をマーク。48二塁打、長打率・620、OPS(出塁率+長打率)1・021はいずれもリーグ1位の数字だった。

「ビッグ・パピ」の愛称で親しまれたオルティスのメジャー20年の通算成績は2408試合、打率・286、出塁率・380、541本塁打、1768打点。

1973年に設立された同賞は、マリナーズ一筋でプレーし、最優秀指名打者賞を5度受賞したマルティネスの功績を称えて2004年に名称が変更された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マー君、イ・ボミから刺激
レンジャーズ地元紙が球団に決断迫る ダルビッシュは「契約延長かトレードに」
レッドソックスがトレードでクリス・セール獲得 先発ローテはさらに強力に
ジーター氏の背番号「2」が永久欠番に ヤンキースは一桁台全て埋まる
レッドソックスがセールを獲得、若手4選手と大型トレード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加