北方領土の空路墓参は23日実施 現地での宿泊は見送り

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/09/15

河野太郎外相は15日の記者会見で、北方領土の元島民による航空機を使った墓参を、23日を軸に実施することを明らかにした。十分な墓参時間を確保するために検討していた現地での宿泊は見送り、日帰りで実施する。

河野氏は「元島民の負担軽減につながる」と強調し「天候条件のよい日に行いたい」と述べた。

空路墓参は当初、今年6月に実施する予定だったが、悪天候のため延期となっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】両陛下 私的旅行で渡来人ゆかりの神社へ
世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推進、福井健策弁護士が語る「3つの壁」
東海地方で“電線から火花”通報相次ぐ
約300円で仕入れた“アディダス”を5000円で販売
関東の空に幻想的な虹色「彩雲」現る!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加