阪神4年目の横山が初ブルペン「ラストチャンス」

阪神4年目の横山が初ブルペン「ラストチャンス」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

鳴尾浜のグラウンドで投球練習する横山雄哉(撮影・河南真一)

阪神4年目左腕の横山雄哉投手(23)が13日、鳴尾浜で今年初めてブルペン入りし、捕手を立たせたまま20球投げた。

14年ドラフト1位で入団したが、昨季は1軍登板がわずか1試合。「今年がラストチャンスという気持ちでやらないといけない」と改めて決意を口にした。視察した高橋2軍投手コーチは「1軍の戦力のレベルに達してほしい」と期待を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
輝け!新鮮力=プロ野球、注目の5新人
斎藤工がゴールボールに挑戦「みんなでパラスポーツを盛り上げていきたい」
日本ハム清宮、右手親指の負傷「大したことない」
ヤクルト・由規、“新投法”へ手応え「やることがはまってきた」
駅伝・広島県チーム 県知事と円陣組んで気勢「入賞を目指します」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加