水川あさみ、3局横断Paraviオリジナルドラマ「tourist」に出演。「私も気分を変えたくなると旅に出ます」

水川あさみ、3局横断Paraviオリジナルドラマ「tourist」に出演。「私も気分を変えたくなると旅に出ます」

  • TVガイド
  • 更新日:2018/09/28
No image

TBS・テレビ東京・WOWOWの3局を横断して放送されるドラマ「Paraviオリジナルドラマ『tourist』」。3局をまたいでのドラマ放送は3局史上初の試みです。同ドラマは、「バンコク」「台北」「ホーチミン」を舞台に、悩みを抱えた3人の女性と謎の男・天久真(三浦春馬)との不思議な交流を描いた作品。TBSでは、9月28日に全3話中の第1話を水川あさみさん出演で「バンコク篇」を放送します。水川さん演じる野上さつきはテレビ局でドラマプロデューサーとして働く、仕事に恋に充実した都会の女性。しかし、どこか満たされない思いを抱えてタイ・バンコクへと旅に出ます。そんなさつきを、実際にバンコクを訪れて演じられた水川さんにお話を聞いてまいりました。

──野上さつきという役についてどのように感じましたか?

「すごく共感できるなと思いました。さつきはある程度成功している女性ですが、満足しないっていうのは上昇志向が強い女性なのだと感じました。もっとこうしたいっていう欲もあるだろうし。何かを得てもやりたいことがどんどん出てくるという点では、共感できますね。役作りとしてはバンコクで感じたままに演じました」

──バンコクの印象は?

「本当にすっごく暑くて。日本が寒い時期に撮影したのですが、バンコクの空港に降りた瞬間に、日本とのギャップにびっくりしました。撮影でいろいろな観光地に行ったりするなかで、仏教を重んじる国ということもあって日本と似ているなと感じる部分もありました。なので居心地もよかったです」

──現地のスタッフとのお仕事はいかがでした?

「技術スタッフはほぼ現地の方々でしたが、非常に素晴らしかったです。言葉が通じなくても、通じるものがあるのだなと実感させられました。技術力も高いのですが、こちらの表現をきちんと見ていてくれる“芝居力”がスタッフにもあるというか。それはすごくビックリしました。レベルが非常に高いところで仕事をされているので、刺激的でいい経験ができました」

──観光はできましたか?

「そういった意味では他の2カ国に比べてバンコクが一番ラッキーだったみたいです。撮影自体はタイトなスケジュールだったのですが、ストーリーの中でいろいろな観光地を巡るので、半分観光した気分でしたね。食事だったり、トゥクトゥクに乗ったり。ケータリングの方が常に同行してくださったので、食べ物を楽しみに撮影も頑張れたし。タイを堪能できて最高でした!」

No image

──ではそういった観光的な要素も見どころの一つですね。

「特に夜の街をトゥクトゥクで走るシーンは印象的です。お昼のバンコクの街並みとは違った夜の雰囲気が見えるし、空気が変わるといいますか。神秘的な感じが気持ちいい撮影でした。トゥクトゥクには初めて乗ったのですが、すごくスピード出すんですよ。ゆっくり走るのかな、と思っていたのに結構な勢いなので『いいね~!』ってテンション上がって楽しかったです」

──トゥクトゥクにも一緒に乗ることになる真を演じる三浦さんとのエピソードを教えてください。

「春馬くんとは共演が3度目なのですが、お互い役と自分の距離感が近いお芝居だったのでとても楽しかったです。いろいろなアイデアがお互いにポンポン出てきて。確認し合ったりするわけではないのですが、信頼感もあって毎回違うことが試せて楽しかったですね」

──そんな三浦さんの水川さんだからこそ知る意外な顔ってありますか?

「意外な顔!? 言えないな~(笑)。あえて言うなら、すごくストイックで常に仕事で役立つことを考えているということですかね。以前連続ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)で共演させていただいた時に、完パケは最後まで見ないというルールを自分に課していたみたいで。出来上がったものに影響されずに、自分が思ったものを表現できるようにという理由だったそうです。彼なりにいろいろなルールを課していて、本当に常に役のことを考えて生きている方です」

──さつきは人生に行き詰まりのようなものを感じて旅に出ますが、水川さんが息苦しさを感じた時や次に踏み出したいと思った時はどうされますか?

「やはり旅行は気分や状況を変えるには一番手早いし、分かりやすく変わる気がするので私もそうします。特に海外は全然違う価値観に触れたり、見たことない景色を見たり、体験したことないことを体験したり心が豊かになる感じがしますよね。長い休みが取れない時はドライブをするとか。私、高速道路のサービスエリアが大好きなんです!」

──旅をする時のこだわりは?

「私は割と行き当たりばったり派です。どこに行くかということだけは決めて、そこで人に聞いたりして楽しむタイプですね。スケジュールを分刻みで作っていく人もいますけど、そういうタイプではないです。旅に行って、『もったいないから動かなきゃ』と思う時もあるし、ゆっくりしたい時もあるからその時の気分で決めますね」

No image

ご自身もさつきと同じように、気分を変えたい時は旅行に出かけるという水川さん。「すごく共感する」とおっしゃっていましたが、さつきのどこか諦めた雰囲気とは180度違ったはつらつとした笑顔でインタビューに答えていただきました。人生にどこか行き詰まりを感じている方、特にさつきと同世代のいわゆる“アラサー世代”の女性が、痛いところを突かれ、でも希望も見いだせるような作品になっています。これを見たらきっと自分の現状を打破するため(三浦さんみたいなすてきな男性との出会いも期待しつつ)、旅に出たくなるはずです。

TBS担当 N・D

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「とにかく気持ち悪い」有村架純主演『中学聖日記』に大批判の嵐!
『欅坂46』今泉佑唯が「半ケツ写真集」に込めた“最後の抵抗”とは
宮崎あおいと岡田准一に第1子男児が誕生 「素直に喜べない」の声があがるワケとは
“酒豪モデル”倉本康子が愛してやまない「立ち飲みの聖地」が閉店へ
過激すぎ「即削除!」宇垣美里アナ“谷間動画”がインスタに流出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加