タイ成長の理由は「コーチのコーチ」による最新技術

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05

インストラクタープログラムを行うヤン・フー・クォン氏

欧米のコーチングの世界ではデビッド・レッドベターやピート・コーウェンのように、黎明期から活動をしているコーチたちがまだまだ現役で活躍しており、選手から高い人気を誇る。一方で若いコーチも台頭してきており、この2つが相まって選手たちに高い技術力が供給されているのだ。

●若手のコーチを育てるティーチャー・オブ・ティーチャー

欧米で若手のコーチが育つ理由として、コーチを教える専門の「ティーチャー・オブ・ティーチャー」と呼ばれる人たちの存在がある。

そんなアジアの中でも特にタイは、ジョーダン・スピースのコーチ、キャメロン・マコーミックなど欧米の有名コーチが多く訪れ、コーチへの教育活動が活発に行われている。コーチ教育の結果、優秀な選手が育つ好循環が生まれている。アジアンツアーでは賞金ランキングトップ10に4人のタイ人選手が入り一大勢力となり、アリヤ・ジュタヌガンなど世界的な選手も輩出されている。

アジアと欧米では教えている内容はもはや変わりはない。どちらも最先端でトップクラスの選手に適応されるような内容だ。であればそこから先、差がつくのは教わっているコーチたちのモチベーションだと思う。

一語一句聞き逃すまいと真剣にメモを取る若いコーチの卵たちの目を見ると、東南アジアのゴルフが欧米と肩を並べる日は、そう遠くないという気がする。

◆吉田洋一郎(よしだ・ひろいちろう)北海道苫小牧市出身。シングルプレーヤー養成に特化したゴルフスイングコンサルタント。メジャータイトル21勝に貢献した世界NO・1コーチ、デビッド・レッドベター氏を日本へ2度招請し、レッスンメソッドを直接学ぶ。欧米のゴルフ先進国にて米PGAツアー選手を指導する80人以上のゴルフインストラクターから心技体における最新理論を直接学び研究活動を行っている。書籍「ロジカル・パッティング」(実業之日本社)では欧米パッティングコーチの最新メソッドを紹介している。オフィシャルブログ http://hiroichiro.com/blog/

(ニッカンスポーツ・コム/ゴルフコラム「ゴルフスイングコンサルタント吉田洋一郎の日本人は知らない米PGAツアーティーチングの世界」)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「鈴木愛が大好きだ!」オジサンたちが夢中の女子ゴルファー
松山英樹4位 小平智はマスターズ圏内50位キープ
ゆりやん号泣 「女芸人No.1」初代女王で1000万円ゲット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加