新燃岳、約6年ぶりに噴火 警戒レベル「3」(入山規制)に引き上げ

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/11

宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島連山の新燃岳(しんもえだけ)が2017年10月11日5時34分頃に噴火した。新燃岳の噴火は11年9月7日以来、約6年ぶり。気象庁は11日11時すぎ、火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。気象庁は、火口から約2キロの範囲に大きな噴石や火災流が飛散し、風下側に流された小さな噴石が降ってくるおそれがあるとして、警戒を呼びかけている。

気象庁の発表によると、噴煙は火口から約300メートルの高さまで上がっており、13時時点で止んでいない。噴煙の量は次第に増えており、10日22時から連続的に発生していた火山性微動も継続しているため、「さらに活動が活発になる可能性がある」として噴火警戒レベルを引き上げたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「大便騒動」新宿駅に続き秋葉原駅でも  利用客が目撃した「衝撃の場面」とは
立憲民主党の軍師は誰だったのか?選挙後の朝日新聞の暴露記事に期待
清水良太郎容疑者を通報した風俗嬢が“キメセク強要”を告白
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
韓国高速鉄道、時速300キロで走ったら線路の破損が5倍に激増=韓国ネット「つまりは手抜き工事」「中国の高速鉄道を輸入して」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加