全日本・最強タッグL戦会見 諏訪魔と宮原が激しい前哨戦を演じた

全日本・最強タッグL戦会見 諏訪魔と宮原が激しい前哨戦を演じた

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01
No image

「プロレス・全日本」(3日、夢メッセみやぎ西館ホール)

全日本は11月30日、都内で、12チーム参加の「世界最強タッグ決定リーグ戦」(12月3日開幕)へ向けた会見を開き、昨年、優勝した直後に仲間割れした諏訪魔と宮原健斗が激しい“前哨戦”を演じた。

青木篤志と組む諏訪魔は27日の両国大会で宮原の3冠ヘビー級王座に挑戦して敗れており、「生意気なクソガキが調子に乗って本当に腹が立つ」と挑発すると、ジェイク・リーと出撃する宮原は「去年組んでいたことすら今思い出した」などと反撃。会見後は諏訪魔が宮原につかみかかり、周囲に制止される騒動となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長谷川穂積、心に残る対戦相手は「嫁」
大晦日の『RIZIN』注目カードは「クロンvs.川尻」だ!
棚橋、1・4メイン決めるファン投票を拒否「メインに縛られない」
“穂積塾”開講でスパーリング相手を急募 “長谷川2世”大森を大歓迎
高木・日大柔道部総監督の通夜で金野氏、原沢ら悼む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加