ダイヤモンドが凱旋門賞へ始動!ノブレスと併せ1F12秒0

ダイヤモンドが凱旋門賞へ始動!ノブレスと併せ1F12秒0

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

サトノダイヤモンド(牡4=池江)が日本馬悲願の仏G1「凱旋門賞」(10月1日、シャンティイ、芝2400メートル)制覇へ向け始動した。フランスに帯同する田中博技術調教師を背にCWコースで、帯同馬サトノノブレス(牡7=同)と併せ馬。半マイルからスタートして4F53秒2。1馬身半追走から半馬身遅れて入線するも、ラスト1Fは12秒0と鋭い反応を見せた。兼武助手は「まだ息の入りが久々という感じだったが、思いの外時計が出ていた。立派な体でパワーを蓄えて戻ってきた。それは向こうではプラスになると思う。これからしっかり仕上げていければ」と話した。今後は予定通り12日に検疫厩舎に入り、18日に出国。同じ舞台で行われる前哨戦・フォワ賞(9月10日)から本番に臨む。

No image

サトノノブレスと併せて追い切るサトノダイヤモンド(右)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
なんだこいつ! 美容師が激怒したもう来ないでほしい迷惑客
【奈良】毎朝危険運転で目撃されるという車がヤバい。。道交法を完全無視
給与減でも安心「月5万からの副業」30選
志村けんの相変わらずセクハラ全開「昭和的コント」に視聴者が...
不倫の宮迫博之、日テレ番組降板...スポンサーから要請、テレビ局が一斉に起用自粛の動き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加