阪神藤浪7回無失点11奪三振力投 1四球と安定感

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12

<みやざきフェニックス・リーグ:阪神-西武>◇11日◇南郷中央公園野球場

阪神藤浪晋太郎投手(23)が、西武戦(南郷中央公園野球場)に先発した。

7回を投げて1安打無失点。103球で11三振を奪う力投をみせた。課題の制球力も1四球と、安定感を見せた。

7回2死で右打者に死球を与えたが、次打者を空振り三振に打ち取り、マウンドを降りた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本塁打王ゲレーロ 中日の評価が驚くほど低い理由とは
新世界王者・村田に頭が上がらなくなったフジテレビ
荒木氏、日本ハム2軍監督就任!燕時代の“同僚”栗山監督支える
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
注目の清宮、競合必至=安田、中村も1位候補-プロ野球・ドラフト候補を探る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加