松山 バーディーラッシュ、通算8アンダーで暫定首位!

松山 バーディーラッシュ、通算8アンダーで暫定首位!

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

米男子のメジャー最終戦、全米プロ選手権(米ノースカロライナ州シャーロット、クウェイル・ホロー・クラブ)は11日、第2ラウンドが行われた。15位から出た日本男子初のメジャー制覇を狙う世界ランキング3位の松山英樹(25=LEXUS)はボギーなしで7バーディーを奪って64の好スコアをマーク。通算8アンダーで、ケビン・キズナー(米国)と並んで暫定首位に浮上した。

No image

全米プロ第2日 1番ホールでティーショットを放つ松山(AP)

この日は時折雨の降るコンディションの中でプレー。5番でこの日初のバーディーを取ると、7番でもバーディー、9番ではロングパットを決めてパーをセーブした。

後半に入っても安定したショットで次々にチャンスを作り出すと、12番から4連続バーディー。17番もバーディーを奪ってスコアを7つ伸ばし、競技を終えた選手の中では首位タイに立っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【木村和久連載】藤井聡太四段に続け。中学生プロゴルファー待望論
東京五輪ゴルフコース ベール脱ぐ 長い距離にジュニア勢苦闘
元浦和MF鈴木啓太は前日より12打縮めるも最下位 プロゴルフQT
元浦和・啓太 102大叩きブービー発進「緊張で吐きそう」
涙の松山英樹を気遣って... 背中押したインタビュアーに「もらい泣き」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加