売れればいい?アルファードとヴェルファイアに見るトヨタの暴走

売れればいい?アルファードとヴェルファイアに見るトヨタの暴走

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2018/02/15
No image

昨年末のマイナーチェンジ後も順調な売れ行きを誇るトヨタのミニバン、アルファードとヴェルファイア。独特のフロントマスクは賛否両論を呼んでいますが…、無料メルマガ『週刊くるまーと ~賢く選んで、楽しく運転~』の著者・すぎもとたかよしさんは、両車についてどのような見解をお持ちなのでしょうか。

新車心象風景:トヨタ・アルファード/ヴェルファイア

うーん、言葉もないといった感じだろうか。

標準に対してのカスタムバージョンはいまやすっかり定着して、軽をはじめとするミニバンでは必須の商品展開だ。

僕はこのカスタム版をコラムで扱うとき、これを好んで買うユーザー側の残念な感性についてを書いてきた。日本に浸透するヤンキー文化が、標準車よりカスタムを人気にするような市場を作ると。

売れるから作るのか、作るから売れるのか。すでにどちらとも言える状況だけど、しかし、マイナーチェンジされたアルファードとベルファイアは、明らかにトヨタの暴走なんである。

Lクラスミニバンとして、もともと異様にデカい顔。これをキャンバスと考えれば何だって描ける。じゃあということで、デザイナーが好き放題描いた結果、何と2車ともがカスタムになってしまった。

それにしても、ランプから下る数十センチものモールや、バンパー両端の巨大なインテーク枠など、長大なメッキパーツをスケッチしたそのデザイナーや主査は、いったいどういう心持ちだったんだろう。

日本トップ企業の商品としての品格欠如、多くの台数が街を走ることでの風景破壊なんて認識はたぶんない。それより「ここまでやっちゃえば皆驚くぞ」「ドカンと売れるぞ」といったところか。

売れることが正義か否かはともかく、組織力、開発力、調査力等々について「やっぱりトヨタはすごい」と常々評される。この巨大企業が持つポテンシャルについて、僕も否定するつもりはない。

けれども、自国市場への商品展開を見たとき、果たして見識や良心、あるいは感性に手放しの評価ができるかといえば、それは決してない。2018年を迎えたいまでさえ「売れればいい」という魂胆が見え隠れする。

少なくとも僕は、このアルファードとベルファイアを見せられれば、トヨタはもうJPN TAXIとセンチュリーだけ作っていればいいんじゃないか、と思うんである。

すぎもとたかよし

image by:TOYOTA / トヨタ自動車株式会社 - Home | Facebook

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
見た目はほぼドンキホーテ、スーパーとの提携1号店開店
春節連休期間中、中国全土で延べ3億8600万人の観光客受け入れ―中国メディア
海外企業の輸入サポートから宅配まで一気通貫するサービス開始
感情的な仮想通貨「批判」の罪...銀行を脅かすほどの「潜在力」、制度を育成すべき
クリプタクト、税理士向けに機能を強化した仮想通貨税金計算サービス「taxpro@cryptact」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加