西武、14失点大敗 マーティン2軍降格、辻監督「ストライクが入らなくてどうするの?」

西武、14失点大敗 マーティン2軍降格、辻監督「ストライクが入らなくてどうするの?」

  • フルカウント
  • 更新日:2019/08/25
No image

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

先発の十亀は6回途中7失点「もうちょっと考えて放って欲しい」

■楽天 14-2 西武(25日・メットライフ)

西武は25日、本拠地メットライフDでの楽天戦に14-2で大敗した。先発の十亀が6回途中8安打7失点と試合を作れず5敗目。打線は5回に森の中前適時打と6回に木村の10号ソロでそれぞれ1点を返したが、投手陣が失点を重ね、試合をひっくり返すことはできなかった。

十亀は初回、茂木、島内に連打を浴びピンチを招くと、1死からブラッシュの右適時打で2点先制を許した。さらに5回、浅村に28号2ランを浴びるなど失点を重ね、6回途中8安打7失点で降板した。指揮官は「十亀は立ち上がりがいつも悪い。(投げているうちに)よくなっていくけど、若い投手ではないのだからもうちょっと考えて放ってほしい」と5敗目を喫した右腕の投球に苦言を呈していた。

さらに7回途中から救援した3番手・マーティンが大乱調で4失点。2四球と自らの失策などでリードを大きく広げられた。辻監督は「ストライクが入らなくてどうするの?」と助っ人右腕の2軍落ちを明言した。

打線は楽天先発・石橋の前に毎回のように走者を出しながらも1本が出ず、5回に森の中前適時打と6回の木村の10号ソロで1点ずつを返すにとどまった。「石橋はボール先行でつかみどころがなかった。いいところに投げられた」と指揮官もお手上げモードだった。(安藤かなみ / Kanami Ando)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
楽天が11億円でラミゴ買収 台湾メディア報じる
巨人・原監督続投!山口オーナー明言「大変よくやってくれている」
ドラフト1位競合は得策か? 過去5年で複数球団が競合した選手の今
ソフトバンク・工藤監督の指示を選手が拒否! 就任から5年、これだけではない“求心力低下”の証拠
メッセ感謝の涙、悔し涙 10年間の思い詰まった引退会見 29日ラス投へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加