本玉真唯 快勝でU18単8強

本玉真唯 快勝でU18単8強

  • tennis365
  • 更新日:2017/08/15
No image

快勝で8強入りの本玉真唯 : 画像提供 tennis365.net

ダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権'17(大阪/大阪市、靱テニスセンター)は13日、18歳以下女子シングルス3回戦が行われ、第1シードの本玉真唯(関東/日出高)が第15シードの佐藤光(関東/アクロスTA)に6-3, 6-1の快勝で、ベスト8進出を果たした。

この日、ポイントを決める度に力強く「カモン!」と自身を鼓舞した本玉は、佐藤を寄せ付けずに勝利を手にした。

準々決勝では、第9シードの末野聡子(関西/芦屋学園高)と対戦する。

本玉は、2015年の世界スーパージュニアテニス選手権大会(大阪府/靭テニスセンター、ハード)で初優勝、昨年は2連覇を逃すも準優勝を飾った。

全日本ジュニアテニス選手権では、2013年に14歳以下、2015年に16歳以下の女子シングルスでタイトルを獲得している。

昨年の18歳以下女子シングルスは、村松千裕(関東/吉田記念テニス研修センター)が荒川晴菜(関東/吉田記念テニス研修センター)をストレートで下して優勝を手にした。

ダンロップ全日本ジュニアテニス選手権の18歳以下女子シングルス歴代優勝者には、奈良くるみ尾崎里紗加藤未唯ら世界で活躍する選手たちが名を連ね、男子では錦織圭杉田祐一西岡良仁守屋宏紀などが優勝している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
杉田祐一がソウザを倒して2年連続16強入り [ウェスタン&サザン・オープン]
“悪女”ならまだマシ! 錦織圭の彼女・観月あこがヤバいとされる理由
錦織圭がシーズン残り試合を断念、サービス練習中に手首にはじけるような音
テニス関係者も「早く別れて!」 錦織圭の“交際相手”観月あこに悪評噴出のワケとは
錦織 今季残り全休 右手首腱部分断裂、選手生活大きな岐路に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加