元「あさイチ」アナ 5年前の九死に一生を得た大事故を語る

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/10/12

NHK「あさイチ」でリポーターを務め、昨年5月に同局を退職したフリーアナウンサー・内藤裕子(42)が12日、TBSで放送された「爆報!THEフライデー」に出演。5年前に九死に一生を得た大事故について語った。

内藤アナは13年5月28日午後8時半ごろ、横浜市青葉区の交差点で信号待ち中に事故に遭った。直進のバイクと右折車が衝突し、バイクの運転手が吹き飛ばされ、死亡。飛ばされたバイクの男性が歩道にいた内藤アナらにぶつかり、内藤アナは右脚太股を打撲したものの、九死に一生を得た。「バイクも一緒に放物線を描くように飛んできたんですけど、たまたま目の前に車止めのポールがありまして。そのポールがなかったら即死だった、と言われました。(亡くなった)その若い男性を思うとすごくつらい」と振り返った。

1999年に入局した内藤アナは「あさイチ」(10~12年)リポーター、「ニュース7」「首都圏ネットワーク」のキャスターなど、報道・生活情報番組を中心に務めた。落ち着いた語り口には定評があり、ナレーターとして、朝ドラや大河ドラマ「篤姫」紀行、NHKスペシャルなどで活躍。17年に退局した。

現在は7年前に結婚した夫と2人暮らし。カレーを愛する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“潜在人気”低かった!?吉岡里帆、主演映画に「席がガラガラすぎて怖い」の悲鳴
『欅坂46』今泉佑唯が「半ケツ写真集」に込めた“最後の抵抗”とは
過激すぎ「即削除!」宇垣美里アナ“谷間動画”がインスタに流出
“酒豪モデル”倉本康子が愛してやまない「立ち飲みの聖地」が閉店へ
「とにかく気持ち悪い」有村架純主演『中学聖日記』に大批判の嵐!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加