ホッコータルマエ引退、チャンピオンズCの出走断念

ホッコータルマエ引退、チャンピオンズCの出走断念

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30
No image

15年6月、統一G1帝王賞を制したホッコータルマエ(右)

ダートG1最多10勝のホッコータルマエ(牡7、西浦)が30日、引退することになった。

来春から北海道新冠の優駿スタリオンステーションで種牡馬になる。同馬は今週末のチャンピオンズCと東京大賞典のラスト2走を予定していたが、29日の調教後に左前脚の跛行を発症。この日、予定していた追い切りを行わず、引退が前倒しされることになった。西浦師は「最後の2走を楽しみにしていたんですが、パワーがついた分、脚元がもたなかったのかも。これだけの馬に巡り会えたのは奇跡。2世、3世が活躍してほしい」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
道具は必要ナシ!気持ちいい「ひとりエッチ」ができる4アレンジ
週刊文春が「ゲス不倫」スクープ 田中萌アナが番組に出演せず
松本人志 元ほっしゃん。引退騒動に「名前変えた頃からおかしかった」
伊野尾慧、大失態の連発で「JUMPゴリ押し」終了の現実味
「NHKニュース7」で起きたシュールな放送事故が話題にwwwww
  • このエントリーをはてなブックマークに追加