坂口健太郎、弁護士を演じる魅力は「法の力の強さを実感できるところ」卵たちの反応に緊張も

坂口健太郎、弁護士を演じる魅力は「法の力の強さを実感できるところ」卵たちの反応に緊張も

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2019/01/12
No image

坂口健太郎と川口春奈が11日、日本大学法学部で行われた新ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系、1月19日スタート、毎週土曜22:00~ ※初回は15分拡大SP)の特別先行試写会に出席。坂口は「弁護士を目指す法学部の学生さんの前で、弁護士役について語るのはとても緊張しますね」と苦笑いを浮かべていたが、学生たちから温かい拍手が巻き起こると安堵の表情を浮かべた。

菅田将暉、最近一番腹の立ったエピソードを披露!坂口健太郎も登場『笑ってコラえて!新年SP』

本作は、一人の若き弁護士・黒川拓(坂口)が、科学者やジャーナリストたちの協力を得て、意外な実証実験で冤罪事件を解き明かしていく姿を描いたヒューマン・リーガル・エンターテインメント。

この日は、学生からの質問に答える形でイベントは進行。坂口は弁護士を演じる魅力を聞かれると、「人の思いに流されない弁護士の強さや、法の力の強さを実感できるところ」と回答。続けて役作りで大変だったことを聞かれると、「僕が演じている黒川拓という弁護士は、ゆるい感じでつかみどころがない人。そんな彼の法廷での姿と日常の姿のバランスの取り方が難しかった」と心情を吐露していた。

一方、拓に反発しつつも、共に調査活動をする新人弁護士・和倉楓を演じる川口も「普段大学にお邪魔する機会もなく、さらに法学部の皆さんの前に登場するということで緊張しています」と語っていたが、学生たちから第1話目について好意的な感想を聞くと「いま法律を学んでいる人がドラマを見てどう思ってなにを感じたのか興味があったので、いろいろな意見を聞けてうれしい」と笑顔を見せていた。

さらに川口は「改めて冤罪というのは、誰の身にも起こることなんだ感じています」とドラマに参加して感じたことを述べると、坂口は「拓の好きなところは、どんなことがあっても折れないところ。最初は試行錯誤だったのですが、いまはどんどん新しい発見があります」と話が進むにつれて役柄が広がっていることを明かしていた。

本イベントには法律監修を務めた山谷光一弁護士も参加した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自殺アイドルの母、NGT運営の対応に不満「被害者を守らずして加害者を守る事に問題がある」
西野カナ、活動休止の舞台裏
“DV報道”友井雄亮だけじゃない......純烈にくすぶる、もう1つの「スキャンダル」
『サザエさん』ポッチャマに似ているペンギンの着ぐるみが登場して視聴者動揺 「何処からどう見ても...」
週刊文春「NGT暴行『アイドルハンター軍団』」でスクープ速報を出すもネットで炎上が続く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加