東洋大・飯田が初完封で3勝、トルネード投法初披露

東洋大・飯田が初完封で3勝、トルネード投法初披露

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

東洋大対国学院大 フォームをトルネードにかえ初完封勝利。今季、5勝目を挙げた東洋大・飯田(撮影・保坂淑子)

<東都大学野球:東洋大9-0国学院大>◇12日◇神宮

エースの飯田晴海投手(4年=常総学院)が、トルネード投法を初披露。国学院大を6安打7三振。初完封で今季3勝目を挙げた。東洋大は勝ち点を3に伸ばし、亜大と並び首位に立ち、優勝は最終週、亜大との直接対決に持ち込まれた。

飯田のトルネード投法へのきっかけは試合前、ピッチング練習中でのこと。高橋昭雄監督(69)の「トルネードで投げろ」の一言だった。突然のアドバイスにも、即座に対応した。

「最近は連打を打たれての降板が多かった。投げ急いでバッターのタイミングに合わせてしまっていたんです。でも、今日はいい間ができて、自分のタイミングで最後まで投げられました」と、手応え十分。

春、秋連覇は、エースの復調にかかっていた。これで、戦力は整った。高橋監督は、「やる以上は連覇したい。堂々と戦いたいですね」と、最終戦へ向け意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神-DeNA、悪天候でも強行開催した理由とは
【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「超高校級選手の獲得が必須」
タイガース、カープ......。そもそもなぜその名前に? 12球団のチーム名の由来は?
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
ラミレス監督「準備はできている」広島に雪辱へ自信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加