明徳が逆転で36年ぶりの決勝進出 馬淵監督「こういう試合を引っくり返せないと」

明徳が逆転で36年ぶりの決勝進出 馬淵監督「こういう試合を引っくり返せないと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

力投する明徳義塾・市川

「明治神宮野球大会・高校の部・準決勝、明徳義塾5-3静岡」(13日、神宮球場)

明徳義塾が逆転勝ちし、優勝した81年以来36年ぶりの決勝進出を果たした。

2点を追う八回、6番・谷合悠斗外野手(2年)の左越え2ランで同点。さらに連続適時二塁打で2点を追加して、逆転に成功した。投げてはエース・市川悠太投手(2年)が、5安打3失点で2試合連続の完投勝利を飾った。

馬淵史郎監督は、鮮やかな逆転劇との問いかけに「鮮やかやったねぇ。十何本打って(15安打)たった5点」と自虐ジョークを挟みつつ「こういうゲームをひっくり返せるようにならんと、全国で上には行けん」と手応え。90年に監督に就任した自身としては初となる決勝へ「四国のためにも頑張らんと」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミキハウス・木村社長、阪神V&福留MVPならビッグプレゼント約束!
九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」
背番号は7! 松井稼頭央ライオンズ復帰記念!! 西武の「背番号7」をプレイバック
ソフトバンク松田の“人生の岐路”は?
広島「°C°C°C」3連覇、日本一へドドドォー!!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加