最新ランキングをチェックしよう
「難治がん」と闘う新聞記者が、いつもの血液検査から気づいた「定点観測」の重要性

「難治がん」と闘う新聞記者が、いつもの血液検査から気づいた「定点観測」の重要性

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/10/06

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

 働き盛りの40代男性。朝日新聞記者として奔走してきた野上祐さんはある日、がんの疑いを指摘され、手術。厳しい結果であることを医師から告げられた。抗がん剤治療を受けるな

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
来年から「配偶者控除」改正、おもな変更点を荻原博子が解説
危険?安全?生理中のセックスの正しい知識
連絡もなく1時間半遅刻した新人の理由とその後の行動が斜め上すぎる! 「大物」「なぜ採用した?」とさまざまな反応
「子どもが嘘をつきやすくなる」5つの環境って?
「あんまり怒らない人」にありがちなこと8つに共感の声 「すごくわかる」「あるある」「当てはまりすぎて怖い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加