最新ランキングをチェックしよう
「難治がん」と闘う新聞記者が、いつもの血液検査から気づいた「定点観測」の重要性

「難治がん」と闘う新聞記者が、いつもの血液検査から気づいた「定点観測」の重要性

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/01/17

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

 働き盛りの40代男性。朝日新聞記者として奔走してきた野上祐さんはある日、がんの疑いを指摘され、手術。厳しい結果であることを医師から告げられた。抗がん剤治療を受けるな

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“一番最初に何が見えたか”でわかる「恐い心理テスト」がスゴすぎる! 死、病気、裏切り... あなたが無意識に恐れていることがズバリ判明!
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
小室哲哉会見の100分全記録「5年前から男性的能力なく、男女関係ない」「会話がもたないKEIKO」
ベトナムで1000年に一度の美女が発掘される!本当に美人すぎ
アダルト業界はクリ吸引グッズが花盛り。女性の潜在的欲求を引き出しまくり!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加