最新ランキングをチェックしよう
「難治がん」と闘う新聞記者が、いつもの血液検査から気づいた「定点観測」の重要性

「難治がん」と闘う新聞記者が、いつもの血液検査から気づいた「定点観測」の重要性

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/01/17

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

 働き盛りの40代男性。朝日新聞記者として奔走してきた野上祐さんはある日、がんの疑いを指摘され、手術。厳しい結果であることを医師から告げられた。抗がん剤治療を受けるな

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
キンプリ岩橋玄樹が“世界で最もハンサム”赤西仁を抜く大記録を達成!
長瀬智也、堂本光一、草なぎ剛「婚期」が遅れている原因はコレ!
【西日本豪雨】濁流から家を守った薄いブロック塀が海外で話題に!「職人技だ」「施工業者の技術が素晴らしい」などの声
「パソコンの動作が遅い」買い替えるよりお得な対処法
座談会から生まれた新企画! ats-,清水武仁&渡辺徹 Feat.AXL21がジャケ写撮影中の貴水博之に全員でご挨拶そして突撃インタビュー!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加