「3年育休はもうコリゴリ?」1年育休のメリット・デメリット

「3年育休はもうコリゴリ?」1年育休のメリット・デメリット

  • It Mama
  • 更新日:2016/12/01
No image

source:https://www.shutterstock.com/

公務員をはじめ、育休は最大3年取れるところも増えてきました。いったい育休はどのくらい取ったらいいものなのでしょうか。

できるだけ長く3年取った方がいいのか、それとも1年?もっと短い方がいいの?

今日は『出産・育児ママのトリセツ』の著者山本ユキコが、それぞれの育休期間のメリット・デメリットの話をしましょう。

No image

山本 ユキコ

心理学博士。子育てフィロソフィ代表。2000人以上の親子を指導。2児の母親。著書「出産・育児ママのトリセツ」、「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」

「3年育休はもうコリゴリ」

source:https://www.shutterstock.com/

子育ての教室に来ていたあるお母さんは、公務員の仕事をしていました。初めての子育てでどのくらいの期間の育休をとったらいいのか分かりません。

「できるだけ長いほどいいのかな?」

と思い、あまり深く考えずに、3年の育休をとりました。

しかし、それは“地獄への始まり”でした。夫や親せきがあまり頼りにならなかった彼女は、一人で子どもを見て、家事をして。赤ちゃんとのたった二人の生活に耐えられず、メンタルは最悪な状態に。

赤ちゃんを預けて職場復帰をしたくても、彼女の代わりの人員をパートで3年の任期ですでに雇用しており、復帰は無理。

辛い3年をなんとか耐え切ったのですが、2人目の子どもの時は、それに懲りて1年で復帰をしたそうです。

別の看護師をしていたママは「3年休んだら、もう注射が怖くて打てない」と、長く休むほど、技術職は仕事のカンがなくなって、復帰のハードルがあがることを嘆いていました。

パパは賛成?「3年育休がうまくいくための3つの条件」

No image

source:https://www.shutterstock.com/

一方、同居がうまくいっているパパは「育休はみんな3年にするべきだ」と、主張しています。

3年育休がうまくいくには、

(1)パパや義母や実母など、ママにとって頼りになる子育てのメンバーが確保でき

(2)子どもと二人でいる時間が苦にならないママで、

(3)休んだ後でも、技術を取り戻すのが容易な職業である

ことが必要なのかもしれません。

「6ヵ月以下で復職&1年育休」メリット・デメリット

No image

source:https://www.shutterstock.com/

●1年育休の場合

では、育休1年ならいいのでしょうか?

実は、生後8ヶ月を過ぎたこのころは、多くの子どもが“人見知り”の時期だったりします。なので、保育園に預ける時に赤ちゃんはものすごく泣き喚いて全力で拒みます。

ママは泣き喚くわが子に思わず「自分はものすごく悪いことをしているのではないのだろうか」と、罪悪感にかられてしまいます。

これは、1年での復帰に特有なものではなく、3年育休でも、幼稚園入園でも、ママが大好きな子によくあることですが、ママにとって悩みの種となります。

ですが、保育士さんに聞くと、涙の別れのあとはそれなりに保育園で楽しく過ごしている子がほとんどなので、1歳からの保育園は涙の別れは仕方ないものだと割り切って、見守ってあげましょう。

●6ヵ月以下で復職の場合

仕事の都合で、6ヶ月以下で職場復帰をしたママもいました。実は著者も一人目の子育ての時は産休だけで職場復帰をしなくてはならず、生後3ヶ月で復帰をしました。(今考えるとなんと無謀なことをしたものだと思ってしまいます……)

授乳の問題や、生後1年以下の保育は(保育士さんが多く配置される必要があるという仕方のない理由で)保育料がかなりかかってしまうという費用のデメリットもありました。

しかし、まだ人見知りがほとんどない時期からの定期的な保育は、赤ちゃんが保育園にすぐ慣れてくれて、ママとの別れを涙なしで済ませ、預けることがラクだったというメリットもありました。

いかがでしたか?

激戦区ではない保育園では、生後3~6ヵ月くらいからママのリフレッシュのための一時保育をしてくれる場合もあります。

こういった制度をあらかじめ定期的に利用して、赤ちゃんが保育になれていると、いざ職場復帰のときに、赤ちゃんとの別れがラクになることも。

仕事の事情。ママと赤ちゃんの個性。頼れる子育てのメンバーの確保。保育園のあき状況。事情は各家庭で違います。

“ママと赤ちゃんがそれぞれそれなりにラク”な、いいバランスをみつけていいタイミングで職場復帰ができるといいですね。

【画像】

※ pyrozhenka、pyrozhenka、Pingpao / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
すらすら〜。手書きロボットの新作動画が、とにかく気持ちいい!
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
【正答率1%だと!?】解けたらIQ167の問題が話題に!あなたは天才か、それとも凡人か?
《1億4千万人が乗車したアトラクションを乗り納め!!︎》もうすぐ34年間の歴史に幕を閉じる『グランドサーキット・レースウェイ』に乗って今だけもらえる"記念乗車証"をGETせよ!!︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加