【レポート】久保田利伸、<RISING SUN ROCK FESTIVAL>で「この大地が生んだ大名曲です」

【レポート】久保田利伸、<RISING SUN ROCK FESTIVAL>で「この大地が生んだ大名曲です」

  • BARKS
  • 更新日:2017/08/14
No image

<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO>が8月11日および12日の2日間にわたり、石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催された。19回目にして初の連休開催となった同フェスは9年ぶりに入場券が全てSOLD OUTし、2日間計72,000人のEZO ROCKERが全国各地から集結。8月13日昼12時をもって2泊3日全50時間の開催期間を終了した。

◆久保田利伸 画像

久保田利伸の出演は8月12日18時30分よりSUN STAGEにて。小雨が降り続く中、ステージには大所帯のバンドメンバーが数分のセッションを行い、ゆるりと久保田利伸が登場した。ファンキーなグルーヴを聴かせると、早速「LA・LA・LA LOVE SONG」へ。タメを作ってからの伸びやかな歌声披露にオーディエンスから大声援が上がった。

久保田は11日から北海道入りし、北の自然を味わうべく石狩鍋を食べたとMCで明かした。「シャケが入ってました。シャケナベイビー」とギャグをはさみつつ、ファンキーな「Bring me up!」へ。

中盤では、「この大地が生んだ大名曲です」とレゲエ調にアレンジされた松山千春の「大空と大地の中で」をカバー。2016年の<RISING SUN ROCK FESTIVAL>で松山本人も唄った同曲とは全く異なるアレンジだが、久保田の歌声にも同曲の根底にある北の雄大さと優しさがしっかり滲んでいた。

「Missing」ではブルーのライトに照らされて響く歌声が会場を温かく柔らかく包み込んでいく。また、「日本から生まれた名曲を」とカバーされたのは「SUKIYAKI」だ。「上を向いて歩こう」の英語詞が琴など和楽器の音色を混ぜながらしっとりと披露される。コーラスとの美しいハーモニーに、集まったすべての人が身を委ねている姿が見受けられた。

「まだ時間大丈夫かな? もう1曲唄ってもいい?」と最後に「LOVE RAIN〜恋の雨〜」を。“止まらない雨が 恋が降らせた雨が ふたりを 昨日へ 帰さない”というフレーズが夜の到来を告げる。<RISING SUN ROCK FESTIVAL>の長くて短い夜が始まった。

(C)RISING SUN ROCK FESTIVAL
撮影◎古渓一道

No image

■<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO>

2018年8月10日(金)、11日(土・祝)開催決定
【RSR2017入場者数】
2017/8/11(金) 36,000人
2017/8/12(土) 36,000人
TOTAL 72,000人

関連リンク

◆久保田利伸 オフィシャルサイト
◆久保田利伸 レーベルサイト
◆久保田利伸 オフィシャルFacebook
◆久保田利伸 オフィシャルTwitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「iKON」「防弾少年団」などK-POPアーティストを10代ラッパー・ちゃんみなが解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加