「Windows Movie Maker」を高値で売りつける詐欺サイトに注意

「Windows Movie Maker」を高値で売りつける詐欺サイトに注意

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

ESETは9日(米国時間)、Microsoftの動画編集ソフトウェア「Windows Movie Maker」を高値で販売する詐欺サイトがGoogleやBingの検索結果の上位に入っており、大規模に拡散しているとして注意を喚起した。

「Movie Maker」と「Windows Movie Maker」でGoogle検索すると、詐欺サイト「windows-movie-maker.org」が多くの国々で上位に表示されるという。ここで提供されるプログラムをダウンロードすると、本来は無料のWindows Movie Makerが"試用版"として起動し、フル機能を試用する場合はアップグレードが必要という通知が出る。ユーザーはドキュメントを保存する際、再三アップグレードを求められるが、その価格は29.95ドル(約3,400円)に設定されている。

公式のWindows Movie Makerは、同ソフトが同梱されているWindows Essentials 2012の配布・サポート終了にともない、2017年1月10日に配布を終了している。

同社はGoogleとMicrosoftの両方に、詐欺サイトが検索結果の上位に来ることを通知済み。11月6日時点で、詐欺プログラムはフィリピンやイスラエル、フィンランド、デンマークでの検出が確認されているという。

同社は詐欺サイトへの対策として、既に「windows-movie-maker.org」をインストールしている場合は同ソフトをアンインストールした上で、マルウェア対策ソフトウェアでデバイスをスキャンすることや、今後は公式提供のソフトのみダウンロードすることなどを推奨している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone専用のオフラインYouTube視聴カードリーダー「TubeReader」は4000円以下で購入可能!
ZOZOTOWN、着て採寸する「ZOZOSUIT」を無料配布 伸縮センサー内蔵のボディスーツ
約1.6万円で買えるLTE対応の2in1タブレット 新品同様の中古モデルが大量販売中
720度に音が拡がるスピーカーって何?
『Galaxy Note8』『iPad』と比べたわかったシャープの電子ノート『WG-S50』の実用性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加