「危ない橋は私が先に渡ろう」おじいさんに橋の渡り方を伝授する猫

「危ない橋は私が先に渡ろう」おじいさんに橋の渡り方を伝授する猫

  • カラパイア
  • 更新日:2020/01/16

雨が雪に変わりはじめたある寒い日、外の用事をすませたおじいさんは家に戻ろうと、小さな川にかけた金属製の橋を渡ろうとしたその時、おじいさんのお供をしていた猫が駆け寄ってきた。
 猫はおじいさんの顔を見つめた後、「橋は危ないから私が先に渡ろう。後から同じようにやってみて」とばかりに先に橋を渡り始めたのだ。
 橋の途中に水たまりがあったのだが、猫はそれをうまく回避しながら進んでいく。さてその渡り方、おじ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加