北九州森下新監督が就任会見「責任を感じている」

北九州森下新監督が就任会見「責任を感じている」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/11
No image

就任会見でガッツポーズする北九州の森下仁之新監督(撮影・菊川光一)

J3ギラヴァンツ北九州は11日、北九州市内で森下仁之新監督(50)の就任会見を行った。

Jリーグの福岡のチーム統括部長や金沢監督などを経験し、昨年は福岡の九産大で指揮を執った。「サッカーに対する情熱がある」「J3からJ2への昇格経験監督」「厳しい規律でチームづくりができる」などの理由でオファーを受け1年契約で受諾した。社長や強化担当者らフロント、コーチらスタッフ全員が入れ替わったタイミングでの就任となり「チームが生まれ変わるタイミングでオファーをもらいうれしいが責任を感じている。(J2)昇格という結果と愛されるクラブになる両面を達成できるよう頑張りたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元日本代表の安田理大が韓国2部から新潟へ完全移籍!! 「厳しく、愛のある応援を」
[デンチャレ]東海選抜は静産大からFW遠山拓民ら最多8名、名古屋内定MF渡邉柊斗が10番
アジアが注目するJ2ファジアーノ岡山の魅力
元代表DF安田理大が2年ぶりJリーグ復帰!!韓国2部・釜山からJ2新潟へ完全移籍
神戸が新スタジアム構想を発表 総工費約10億円の大型プロジェクト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加