また遅れる最終処分場建設 選定基準の決定見送りへ

また遅れる最終処分場建設 選定基準の決定見送りへ

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/18
No image

原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場の建設地選びで、経済産業省は、選定基準の正式決定を見送りました。候補地の提示が年明け以降になる可能性が出てきました。

経産省は、最終処分場の建設地の選び方について、人口密度などは考慮せず、活断層の有無や地質などの基準で「有望地」を示す考えでしたが、専門家からは「『有望地』という言葉が、そこに決まったような印象を与える」など用語を見直しを求める意見が相次ぎました。経産省は、誤解や不安を与えないよう用語や表現の見直しを検討する方針です。候補地の提示は12月の予定でしたが、年明け以降に延期となる可能性が出てきました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“なぜ学校の謝罪がないの”避難児童が訴え
晴れても寒い土日の関東
メタルバンドのドラマー逮捕、大麻所持の疑い
ノロなどの感染性胃腸炎患者 10年で2番
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加