うの、椎間板ヘルニアで極秘入院していた

うの、椎間板ヘルニアで極秘入院していた

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/05
No image

タレントの神田うの(42)が5日、都内で行われた自身がデザインするウェディングドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」新作発表会に登場し、今年8月に椎間板ヘルニアで極秘入院していたことを明かした。

8月上旬の朝、シャワー中に腰に激痛が走って立ち上がれなくなり、都内の病院に救急搬送。9月上旬に手術を受け、同16日に退院した。幼少から続けているクラシックバレエと、最近始めたキックボクシングが原因という。

救急搬送されたときについて「総合病院に連れて行かれて、あまりにも痛くて、『痛い、痛い!』って泣き叫んでいたら、なんと産婦人科の棟に通された。陣痛だと思われたみたい。『違う、違う!』みたいな」とユーモアたっぷりに“再現報告”。「入院中は何もできなかった。起き上がれなくてずっと寝たきりで、お手洗いにもいけないから全部やってもらった」と明かした。

筋肉が落ちたため、体重は4kg減り、体脂肪は3%増えたという。現在はリハビリ兼筋トレに励み中。時々しびれが走るというが、お酒は解禁済みで、この日はピンヒールでランウェーを歩いた。

8月に一人娘(6)がバイオリン演奏のためイタリアに旅行に行ったが、入院していた神田は同行できなかった。「娘もよく頑張ったなと思う。最初は『ママが行かないと行かない』って言っていたけど、パパと2人で行ってきた」と報告。「主人は『私がいなかったから楽だった。世話するのが娘だけで良かったから楽だった』って言っていた」と笑わせた。

この日は、1950年〜60年代のファッションをテーマにしたクラシカルで上品なドレスを発表。2万5000粒のクリスタルがきらめく1点もののドレスもお披露目した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
辻希美、新しい“家族”の誕生と別れをつづる
森泉、結婚しない理由明かす
きゃりー、妊娠説に「落ち込む」 大胆へそ出し画像披露し否定
JR東日本、原田知世CM復活で「面目丸つぶれ」危機の女性タレントとは?
小倉優子、親友のギャル曽根を「絶縁」疑惑が急浮上のワケ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加