東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、年間パスポートに使用不可日設定 価格は値下げ

東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、年間パスポートに使用不可日設定 価格は値下げ

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/16
No image

オリエンタルランドは、「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」の年間パスポートの利用条件を、3月1日より変更する。

3月1日以降に販売する年間パスポートより、使用不可日を新たに設ける。2018年は8月12日〜14日、10月6日〜8日、11月23日・24日、12月8日・9日・29日・30日。2019年は3月8日〜31日、8月12日〜14日が利用不可日となる。使用不可日は1月、4月、7月、10月の月初めに、3ヶ月分を発表する。また、入園制限中のパークでは使用できない。年間パスポートの引換券は、3月1日以降販売分より購入日から2ヶ月間となる。

これに伴い、年間パスポートの料金を値下げする。大人は2パーク年間パスポートは89,000円、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの年間パスポートは61,000円に、それぞれ4,000円、2,000円値下げとなる。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「軽自動車より中古ゼロクラウン」が経済的に賢い選択だと考える現実的な理由
人口問題で国難に陥る日本―華字紙
どう見てもレーシングマシン!?なのに公道を走れる国産スーパーカー『IF-02RDS』【今すぐ買える!普通じゃないクルマ&バイク】
パチンコホール、「出玉規制」で倒産激増?ヘビーユーザー離れの危機、大手は異業種参入も
人手不足でも給料が上がらない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加