秀岳館・鍛治舎監督有終へV候補対決で横浜振り切る

秀岳館・鍛治舎監督有終へV候補対決で横浜振り切る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/12
No image

横浜に勝利し、スタンドに向かって手を振る秀岳館・鍛治舎監督(撮影・伊藤航)

<全国高校野球選手権:秀岳館6-4横浜>◇11日◇1回戦

秀岳館(熊本)は川端健斗投手(3年)田浦文丸投手(3年)の継投で横浜(神奈川)との優勝候補対決を制した。

秀岳館が横浜との「V候補対決」を制し初優勝へ好発進した。鍛治舎巧監督(66)が今夏限りの退任を表明した中、4季連続出場のチームは発奮。プロ注目の最速148キロ左腕、川端投手が強力打線を相手に強気の内角攻めで、6回2安打1失点とし、勝利に貢献した。「田浦が後ろにいるんで、ペースを気にせず飛ばした」。1回から、この日最速146キロの直球を軸に押す内角攻めで圧倒した。

鍛治舎監督は熊本大会準々決勝翌日の7月21日に突発性不整脈で入院し同27日に退院した。以来、甲子園で3試合ぶりに采配を振り、退任表明後の1勝に「最後だからとか、そういう気持ちはまったくない。また1つ思い出ができた」とほおを緩めた。2日前に指揮官から先発を告げられた川端も「最後、日本一の監督にさせる強い思いがある」。勇退の花道を飾るため、16日、広陵との2回戦も快投を演じる。

◆鍛治舎監督は関東キラー 秀岳館・鍛治舎監督が甲子園通算10勝目(3敗)。関東勢には6戦全勝。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大阪桐蔭“秘密の儀式”で同点のピンチ切り抜け3回戦へ
秀岳館・鍛治舎監督が甲子園去る 広陵に1―6「完敗です」 大会直前に退任表明 通算10勝4敗
【野球】強豪私立にもノビノビ野球はある 神戸国際大付が夏初勝利を挙げるまで
大阪桐蔭 先発・徳山12安打1失点「春の経験が生きた」 春夏連覇へ前進
明徳義塾・馬淵監督、50勝で選手に焼き肉!西浦「自分のバットで」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加