聖光学院・斎藤12K完封1号  憧れ則本見習い強気の投球

聖光学院・斎藤12K完封1号 憧れ則本見習い強気の投球

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/11
No image

完封勝利を挙げた聖光学院・斎藤

「全国高校野球選手権・1回戦、聖光学院6-0おかやま山陽」(10日、甲子園球場)

大舞台が自身を強くさせてくれた。聖光学院(福島)・斎藤郁也投手(3年)が5安打12奪三振で公式戦初完封。「ピンチで弱い自分が勝負所で粘れた」。チームを初戦突破に導き、笑顔がはじけた。

福島大会で17イニング20奪三振の右腕は初回から“ドクターK”ぶりを発揮した。1死三塁から3、4番を連続三振。序盤はチェンジアップ、中盤以降はスライダーを低めに集め、12三振のうち11個を空振りで奪った。

冬場は右肘痛で投げられず、走り込みやウエートに取り組んだ。その姿を身近で見ていた佐藤晃一捕手(3年)が「今までで受けていた中で一番の投球」と話せば、斎藤智也監督(54)は「予想外」と驚きの表情だ。「気持ちで押す投球がかっこいい」と憧れる楽天・則本のような奪三振ショーを演じた斎藤。この勢いで頂点を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
DeNA・ラミレス監督、今季初同一カード3連戦3連敗も「心配ない」
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
清宮、中村、安田!U18侍211発クリーンアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加