ケビン・スペイシー降板による撮り直しのコストは11億円以上

ケビン・スペイシー降板による撮り直しのコストは11億円以上

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/14
No image

損害額は1000万ドルを軽く超えそう Photo by Frazer Harrison/BAFTA LA /Getty Images for BAFTA LA

リドリー・スコット監督が新作「All the Money in the World(原題)」からケビン・スペイシーを降板させたことによる損害額が、推定で1000万ドル(約11億円)以上にのぼることがわかった。

ジョン・ポール・ゲティ3世誘拐事件を題材にした同作で、富豪一族の長ジョン・ポール・ゲティ・シニア役を演じていたスペイシーだったが、数々のセクハラ疑惑が浮上したことを受け、製作を手がけるインペラティブ・エンタテインメントとスコット監督が解雇を宣告。12月22日の全米公開予定日までわずか1カ月半という土壇場で、名優クリストファー・プラマーに交代するという前代未聞の英断を下した。

米バラエティによれば、スペイシーの出演シーンを全て差し替えるのに、少なくとも8日から10日間の再撮影が必要となり、それだけでも約1000万ドルの超過予算が発生するとみられているが、そこにポストプロダクションと予告編やポスターなどの宣伝素材を新たに作り直す費用、プラマーの出演料など数100万ドルが加わることになる。

同サイトはまた、インペラティブと配給元の米ソニー・ピクチャーズが公開日をあえて延期しない理由として、アカデミー賞をはじめとする賞レース参戦を狙っていること、同じくジョン・ポール・ゲティ3世誘拐事件を題材にした、ダニー・ボイル監督による米ケーブル局FXの新作ドラマシリーズ「Trust(原題)」が来年1月から放送スタートすることを踏まえ、その前に同作を公開したいと考えていることを挙げている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
誰も知らない、全く新しい「サザエさん」爆誕
大酷評の実写版『鋼の錬金術師』、頼みの綱は“ワンピース商法”しかない!?
川栄李奈「愛を詰めました」KUBO舞台挨拶に全身黒ドレスで登場
『るろうに剣心』作者・和月伸宏、書類送検! 「来年クランクインの映画最新作」が白紙化!?
カップヌードル新CMは「サザエさん」!島崎信長・マスオがサザエに「お付き合いしてください!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加