freeeとシェアリングエコノミー協会が業務提携、事業者の利便性を支援

freeeとシェアリングエコノミー協会が業務提携、事業者の利便性を支援

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30
No image

freeeは11月28日、一般社団法人シェアリングエコノミー協会との業務提携開始を発表した。

シェアリングエコノミーは、自宅や自動車など個人が保有する遊休資産の貸出しを仲介するサービスのこと。

シェアリングエコノミー協会は、「資産をシェアすることで生まれる経済」を業界全体で活性化することを目的として団体。AirbnbやUber Japanをはじめとして現在125社が加盟している。

今回の提携により、シェアリングエコノミー協会に所属する各社は、自社に紐づく個人事業主に対して「クラウド会計ソフト freee」の割引価格での利用を促し、自治体の協力を得やすくすることができるという。

また今後は、個人事業主の開業届提出や確定申告の徹底度合いによって協会が各社をラベリングし、外部からの透明性を高めていく予定だとしている。

■関連サイト

プレスリリース

シェアリングエコノミー協会

freee

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
燃油サーチャージ、10カ月ぶり復活へ 円安の影響
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
「ブラック企業大賞2016」ノミネートが発表 電通、佐川、日本郵便、仁和寺など10社
小田急電鉄「EXEα」30000形リニューアル車両試乗会2月実施、親子100組招待
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加