クラウド会計の「freee」、ビットコインなどの仮想通貨の儲けを申告できる機能を追加

クラウド会計の「freee」、ビットコインなどの仮想通貨の儲けを申告できる機能を追加

  • MdN
  • 更新日:2018/01/11
No image

イメージ

freee株式会社は、同社のクラウド会計サービス「freee」において、個人の所得税確定申告機能で、仮想通貨による利益(雑所得)の申告への対応を予定していると発表した。対応予定時期は2月上旬。

ビットコインやリップル、イーサリアムなどの仮想通貨の取引が活発になり、日本でも多くのユーザーや企業や市場に参入している。

その中で、利益は「雑所得」に分類されるために、売却益には税金がかかり、申告する必要があり、「freee」はそれに対応するというもの。

今回の発表は、まずは対応することについての発表に留まり、詳細は後日明らかにするとしている。

発表資料
URL:https://www.freee.co.jp/blog/release-20180111.html
2018/01/11

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メルセデス・ベンツ、V型6気筒エンジンを廃止して直列6気筒に切り替えると発表
総崩れの「仮想通貨」マーケットで何が起きているのか
「アパレルが死んだ」とはどういう意味か
リニア談合で東京外環道の工事中止...今年、中国人がタワマン一斉売却で不動産バブル崩壊か
YouTubeの規約改定で山本圭壱ら「芸人ユーチューバー」が軒並み退場!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加