杉田、アルマグロに逆転許す

杉田、アルマグロに逆転許す

  • tennis365
  • 更新日:2016/10/18
No image

上海マスターズ時の杉田祐一 : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスツアーのイフ・ストックホルム・オープン(ストックホルム/スウェーデン、ハード、ATP250)は18日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク86位の杉田祐一(日本)は元世界ランク9位のN・アルマグロ(スペイン)に6-3, 6-7 (1-7), 3-6の逆転で敗れ、初戦で姿を消した。

第1セット、杉田はアルマグロからミスを誘い出し、第6ゲームでブレークに成功。その後もリードを守り、このセットを先取。

第2セットに入ってもミスを連発するアルマグロに対し、好調の杉田は第10ゲームでセットポイントをしのいでタイブレークへ持ち込む。

しかし、タイブレークを落とすと流れは徐々にアルマグロへ傾き、ファイナルセットの第7ゲームでこの日初のブレークを許した杉田は失速し、逆転負けを喫した。

両者は今回が2度目の対戦で、アルマグロの2連勝。

28歳の杉田は今シーズン好調で、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で初戦突破。W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)では予選を突破し、1回戦でN・マウー(フランス)、2回戦でA・ズベレフ(ドイツ)を下し、マスターズ初のベスト16進出を果たした。世界ランキングの自己最高は、今年8月の82位。

一方、勝利した31歳のアルマグロは、これまで13大会で優勝しており、世界ランキングでは2011年に9位まで上り詰めている。

2回戦では、第7シードのJ・イズナー(アメリカ)と元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

今大会の第1シードはG・モンフィス(フランス)、第2シードはG・ディミトロフ(ブルガリア)、第3シードはI・カルロビッチ(クロアチア)、第4シードはズベレフ。上位4シードは1回戦免除で、2回戦から登場する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
錦織/ベルダスコ組 敗れる
錦織圭「リズム乗れた」ベルディハを圧倒し勝利貢献
  • このエントリーをはてなブックマークに追加