【大阪モーターサイクルショー2017】あの隠れ名車がオシャレに復活...ホンダ レブル250

【大阪モーターサイクルショー2017】あの隠れ名車がオシャレに復活...ホンダ レブル250

  • レスポンス
  • 更新日:2017/03/21
No image

ホンダ新型レブル250スタイルコンセプトモデル。

もっと画像を見る
ベテランライダーたちなら知っているだろう。レーサーレプリカ全盛期の1985年、ホンダから250ccのアメリカンバイク『レブル』が発売されたことを。あのちょっとオヤジくさいけど、乗りやすくて意外と乗っている人が多かった隠れ名車とでも言おうか。

高性能を求め、派手なカラーのフルカウルに憧れる者が多かった時代に、プルバックハンドルにスポークホイールという時代と逆行するかのようなスタイル。車体は低く、とにかく落ち着いていてシブかった。

あのレブルがまた戻ってきたのだ! 大阪モーターサイクルショーのホンダブースには、新型クルーザー『レブル250』をベースに、早くもスタイルコンセプトモデルが登場。BMXをモチーフとした新しいスタイルで、よりアクティブでフリーダムな楽しみ方を提案している。

ちなみに昔のレブルは並列2気筒エンジンを搭載していたが、今度の新型では水冷単気筒。発売時期と価格は未定だが、車体色はブラック、シルバー、イエローが設定されそう。

今回出展されたスタイルコンセプトモデルのように、自分好みにカスタムして乗るのも面白そうだ!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターサイクルショー2017】コンパニオン...スズキ
台湾メーカー開発「エヴァ初号機」スクーターが日本上陸! 反響次第で正式販売へ
徹底した軽量・コンパクト化と新しい電子制御で進化したホンダの大型スーパースポーツバイク『CBR1000RR』
日本のODAは賢いやり方―日本華字紙
Teslaのソーラー屋根瓦、4月から予約受付開始へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加