【年間177件】保育施設で起こる重大事故...「問われる責任」とは?

【年間177件】保育施設で起こる重大事故...「問われる責任」とは?

  • It Mama
  • 更新日:2017/09/15
No image

出典:https://www.shutterstock.com

今年の8月末のある日、保育園のプールで保育士が目を離している間に園児が溺れて死亡したという痛ましい事故が起こりました(※2)。

厚生労働省は、保育施設において発生した「死亡事故や治療に要する期間が30日以上の負傷や疾病を伴う重篤な事故等」で、平成26年1月1日から平成26年12月31日までに報告のあったもの

を集計し、公開しています。

その結果、報告件数は177件で、そのうち死亡の報告が17件もありました。内訳は、睡眠中の事故11件、その他の原因が6件となっています(※2)。

子どもを保育園・幼稚園に預けているパパやママはきっと、他人事ではないと感じていることでしょう。

保育士も人間である以上ミスをすることは避けられませんが、今回のような重大事故が起きないための取組みや、事故が起こった場合に保育園側が問われる責任について、弁護士の筆者が解説したいと思います。

No image

知っていた?行政で実施されている「子ども・子育て支援」2つ

(1)事故防止マニュアルの作成

内閣府の子ども・子育て本部では、子ども・子育て支援の一環として、保育事故情報の共有および保育事故発生または再発防止のための対策を行っています。

そして、その成果として「重大事故の再発防止のための検証と事故防止等のためのガイドライン」が作成されており、各自治体への通知、施設・事業者への周知をしています。

もっともガイドラインは行政機関が作成したものですから、ガイドラインが求める自治体や第三者委員会による事故検証は法的義務を伴うものではなく、当然“罰則”もありません。

この点については、法令によって事故の検証などを義務付け、義務違反があった場合には“認可取消し”や“罰則”を設けるべきだとの意見がなされています。

(2)抜き打ち調査

その他の行政の取組みとしては、自治体が保育士の人数などの配置基準を満たしているかどうかなどの抜き打ち調査を行ったり、事故検証委員会設置を設置するための条例を制定したりすることがなされています。

配置基準や設置基準が満たされてさえいれば事故が起きないというわけではありません。

しかし、事故情報の共有や十分な検証がなされ、危険箇所や事故の起きやすい状況に対して重点的に注意を払うことによって事故件数を減らすことができるのは、建設業や介護福祉事業などと同じでしょう。

保育園で死亡事故発生!その時、保育園側が「問われる責任」とは?

No image

出典:https://www.shutterstock.com

不幸にも事故が起こってしまった場合には、子ども本人(の法定代理人)や、遺族の方が保育士や社会福祉法人などの事業者に対して民事上の責任追及を行うことができます。

とくに死亡事故の場合はお金で解決できる問題ではないですが、裁判手続の中で謝罪や再発防止策を求めることが可能となる場合もあります。

なお、事故原因や再発防止対策に関する説明会の開催は、事業者の法的義務ではありませんが、保護者の求めに応じて開催されることもあるでしょう。

また、保育士個人やその監督者、保育園・幼稚園の経営者が業務上過失致死傷罪に問われることもあります。

ママたちにとっては安心して子どもを預けられる保育園かどうかが一番気になる点でしょう。

個々の保育士の質は様々ですし、人間である以上ミスをしないと言い切ることはできません。とはいえ、事故の当事者には誰もなりたいとは思いませんよね。

ママたちが子どもを守るためにできることは、

●保育士の数は足りているか

●入ろうと思う保育園・幼稚園で安全管理マニュアルが作成されているか

●ママ友たちの評判はどうか

などの情報収集を事前に行うことも大事といえるのではないか……と筆者は思います。

【参考・画像】

※1重大事故の再発防止のための検証と事故防止等のためのガイドライン – 消費者庁※2保育施設における事故報告集計 – 厚生労働省保育園長「目を離した時に」 さいたまのプール死亡事故 – 朝日新聞DIGITAL※ Chaikom , Matej Kastelic / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ブラック企業リスト」427社に 賃金未払いなど相次ぐ
豊田真由子氏の秘書また退職 復帰後にお礼やねぎらいの言葉なく...
TBS日比アナが一日警察署長、交通安全呼びかけ
“斧”で切りつけ4人重軽傷、近隣トラブルか 警察に相談も
登山・トレッキング・ハイキングに人気のエリアTOP10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加