オフィス内をドローンが飛んで残業を監視 NTTなどが来年10月にサービス開始

オフィス内をドローンが飛んで残業を監視 NTTなどが来年10月にサービス開始

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/12/08
No image

屋内ドローンを利用してオフィス内の残業監視を行う社員健康管理サービス「T-FREND」が、2018年4月に試行サービスを開始し、同年10月から事業開始することが発表されました。

ドローンが残業を監視する日が目の前に(※画像はイメージ)

同サービスは、大成、ブルーイノベーション、NTT東日本千葉事業部の3社による共同開発事業。操縦者・GPSに頼らない自律飛行システムや、高度なセキュリティ画像システムなどを搭載した屋内ドローンにより、就労人口の減少で対応が難しくなっている警備会社に代わって、夜間のオフィス警備・残業監視を行います。

専用のアプリケーションでオフィス内のレイアウトや機体を複数登録可能で、飛行経路・定期巡回時刻を設定してドローンに入力すれば、自動で定期巡回を実行。巡回後は専用の離発着場所に自動で着陸します。

No image

社内の情報セキュリティ強化のための警備や、残業者への退社催促に対応

No image

専用のアプリケーションで設定

来年10月からのサービス開始に先駆けて、2017年12月13日〜15日まで東京ビッグサイトにて開催される「第2回スマートビルディング EXPO」の専用ブースでは、実際にドローンの自律飛行が披露される予定です。

No image

監視映像はインターネット回線を使わないセキュアな通信ネットワークで接続し送られます

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アマゾンエコーとグーグルホーム、使って分かった「買うならこっち」
姉から送られてきた、3Dプリンターで作った精巧な「トヨタのエンジン」の動画が話題に!
【2017年まとめ】これからのWeb制作に必要なことと、心構え
「1人で6時間で作った」 Twitterで匿名質問「Peing」人気、月間2億PV超えへ
銃ではなくて刃物です。なぜかライフル銃を模した形状の超小型マルチツール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加