「ケインがもう移籍したいと...」トッテナム元主将がモウリーニョ新体制に懸念! 1月の大型補強の可能性は?

「ケインがもう移籍したいと...」トッテナム元主将がモウリーニョ新体制に懸念! 1月の大型補強の可能性は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/11/21
No image

トッテナムの新指揮官に電撃就任したモウリーニョ。“補強癖”がクラブのポリシーと合わないとの指摘もあるが……。(C)Getty Images

11月19日にマウリシオ・ポチェティーノ監督を解任したトッテナムは、その翌日にジョゼ・モウリーニョ新監督の招聘を発表した。

昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)でファイナルまで勝ち進んだトッテナムだが、今季はプレミアリーグで14位と低迷。この事態を受け、クラブは功労者のポチェティーノに別れを告げ、数々のビッグクラブでトロフィーを獲得してきたカリスマ指揮官を招いた。

4位マンチェスター・シティに11ポイント差と厳しい状況ながら、モウリーニョ・トッテナムがまず目指すべきは、来季のCL出場権獲得(4位以内)だろう。ただ、英紙『Guardian』によると、新監督はクラブから1月に大型補強する資金はないと宣言されているそうだ。

ポルトガル人指揮官はクラブ公式チャンネルのインタビューで、「このチームが本当に好きだし、若手を起用してその成長を助けたいと望まない監督はいない」と述べている。

「リーグでの位置は分かっている。我々がそこに属さないということも知っている。試合ごとに戦わなければいけない。次の試合で勝利を望む。それを最後まで続けるんだ。シーズンが終わった時にどうなっているかを見てみよう。ただ、わたしは、今とは違う順位にいるはずだと分かっている」
『Guardian紙』によれば、モウリーニョはクラブと交渉する中で、エースのハリー・ケインを夏も放出しないことを要請したという。ただ、かつてトッテナムでキャプテンを務めたマイケル・ドーソンは『talkSPORT』で、選手の慰留が「モウリーニョが最初にやるべきこと」だと述べた。

「あの選手たちはポチェティーノが大好きだった。この5年で素晴らしいことを成し遂げてきたからね。彼がハリー・ケインをつくったんだよ。そのケインが『もう移籍したい』と思うようにならないことを願う」

さらに、ドーソンは「クリスティアン・エリクセン、トビー・アルデルワイレルド、ヤン・ヴェルトンゲン…彼らは残りたいと望んでいるだろうか?」と続けた。

「契約満了となるようなそれらの選手が落ち着かず、ひとりが去ったら次々にドミノ効果で……となることもある」

モウリーニョがシーズン途中からチームを率いるのは、ポルトの監督に就任した2002年1月以来、約18年ぶりとなる。そのポルトではその後、欧州制覇も果たしたが、トッテナムではどのような結果を残すだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
京都19歳MF、卓球×サッカー挑戦にマジョルカ久保も“ツッコミ” 「サッカー経験者ですか?」
南野拓実、名門ミランに“シークレット”獲得計画もミス 伊メディア指摘「大きな後悔」
南野拓実を間近で見る地元記者のリアルな評価は...。「彼はザルツブルクの全て」、リバプール移籍は間近に
ハメス・ロドリゲスは依然として別メニュー調整
「メッシは史上最高なんかじゃない」“天才”ロナウジーニョが独自の見解! 発言の真意は!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加