木更津総合・山下散った “あと1人”からの4失点で逆転負け

木更津総合・山下散った “あと1人”からの4失点で逆転負け

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/11
No image

9回、同点に追いつかれ、がっくりの木更津総合・山下。左は生還した安保、右は次打者上田

「全国高校野球選手権・1回戦、日本航空石川6-5木更津総合」(10日、甲子園球場)

最速149キロ左腕が、ぼう然と立ち尽くした。3点リードの九回。連打で無死一、三塁のピンチを招いたが、続く2打者から連続三振を奪って2死までこぎつけた。木更津総合(千葉)・山下輝投手(3年)は「ツーアウトを取って気の緩みが出たのかも」と振り返る。

相手1番・安保に右前適時打を許すと、一気に流れが傾いた。4番・上田まで悪夢のような4連打。“あと1人”からの4失点で逆転負けを喫した。

昨夏、チームを甲子園8強に導いた絶対的エース・早川隆久投手(現早大)から背番号1を引き継いだ。その先輩を超えることが目標だったが「甲子園は厳しい場所だった」と山下。プロ注目左腕は進路について「これから考える」と話し、「この負けを、今後の野球人生で生かしたい」と震える声で誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
阪神糸井2軍で2戦連続打点、きょう緊急昇格か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加