食べ方論争も!? 「おでん」の売り上げピーク!

食べ方論争も!? 「おでん」の売り上げピーク!

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/10/12
No image

動画を見る(元記事へ)

朝の冷え込みが強まって秋がぐっと深まっていくなかで売れ行きを伸ばすのがおでんです。

12日午後1時半すぎ、都内のおでん店は客で大にぎわい。店頭に並ぶのは大根に卵など全部で約30種類。なかでも一番オススメなのが中華揚げ。ところで、おでんといえばこんな論争が。おでんは夕食のおかずなのかそうでないのか。さらに…作りすぎてしまうおでん。意外なアイデアで大変身。いよいよおでんシーズン到来なんですが、名前の由来はご存じでしょうか。練り物の製造販売をする「紀文」に伺いました。おでんの歴史は深く、原型は室町時代に流行した「豆腐田楽」とされています。田楽と呼ばれていまして、女性が「田楽」に「お」をつけて呼び、さらに「楽」を省略して「おでん」と呼ばれるようになったということです。そのおでんも地域によって様々。北海道では、フキやワラビなどの山菜、日本海側の富山や金沢では、バイ貝など貝類や「車ふ」などを入れるそうです。
さらに食べ方も様々。青森市周辺では、しょうがみそをつけて食べるそうです。黒いつゆが特徴の静岡おでんは、「だし粉」と呼ばれるイワシの削り節などと青のりをかけます。そして、愛媛では麦みそベースの「みがらしみそ」というものをつけて食べるそうです。一方、沖縄では暑い地域なのであまりおでんのイメージはないと思うのですが、実はおでんを扱うお店が多くありまして、大手コンビニチェーンの「ローソン」では売り上げが全国で1位だそうです。具材も特徴的で豚足や豚のスペアリブなどが入っているそうです。名古屋は八丁みそで煮込むそうです。奈良県など関西では「おでん」は関東煮とか関東炊きとも言います。コンビニのおでんが進化を遂げていまして、セブンイレブンでは、8種類のつゆを使い分けて地域ごとの味に合わせて味を変えてるということです。そして、ファミリーマートでは、「ロールキャベツ」や「チーズ入り鶏つくね」を入れることで女性客をターゲットにしているということです。ローソンでは、変わり種の「カニカマと枝豆のこんにゃく包み」などを新たに投入しています。インターネット上である議論が白熱しているんです。それが「おでんはオカズなのか!?論争」です。「紀文」のデータによりますと、おでんはオカズとして食べるとした人が57.4%となり、過半数を超える結果となりました。反おかず派にその理由を街で聞いたところ、「オカズにするには味が薄い」「色々な具材が入っているしお腹いっぱいにもなる」としています。おでんを結構、多めに作ってしまうことありますよね。そんな時、どうしたらよいのかということで、水とおでんのつゆを1対1で入れてカレールーで煮込んだり、おでんのつゆと具を入れて炊き込みご飯にするという意見もあるそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
工藤静香『お手製ケーキ』インスタ投稿するも不評でさんざんな理由
カレーや卵かけご飯にも...ひとさじで料理上手になる万能調味料があった
2歳息子からのとびっきりのプレゼントが...可愛すぎじゃない?笑
グルメマンガあるある20連発!「安い食材を使った料理が高級料理を倒す」
ファミマで“ご当地”パンが買えてラッキー♪:みんなが“食べたい”新商品ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加