阪神・糸井、15日2軍オリ戦で実戦復帰!臨戦態勢フリー53振12発

阪神・糸井、15日2軍オリ戦で実戦復帰!臨戦態勢フリー53振12発

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

右脇腹筋挫傷で2軍調整中の阪神・糸井嘉男外野手(36)の実戦復帰戦が15日のウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)になることが11日、決まった。この日は鳴尾浜で2日連続となるフリー打撃を行い、53スイングで12本のサク越え。臨戦態勢を整え、1軍へベストの状態で舞い戻る。

白球がピンポン球のように飛んでいく。糸井の放った打球は何度も防球ネットを揺らし、バックスクリーン上部にもぶち当てた。故障後2度目、2日連続となるフリー打撃でサク越え12本。順調な回復を猛アピールし、週明け15日のウエスタン・オリックス戦での実戦復帰が決まった。

「順調そうだったよ。15日(ウエスタン・オリックス戦)に試合に出る予定。(守備位置は)ライトかな。3打席を考えています」

掛布2軍監督が復帰戦を明らかにした。この日の午後、倉敷遠征から帰阪。入れ替わる形で先に練習を終えた糸井と室内練習場で話し合い、報道陣に明かした。

7月17日の広島戦(甲子園)で右脇腹を負傷。当初はシーズン終盤での復帰が見込まれたが、鳴尾浜でのリハビリ期間に糸井本人は「(金本)監督に一番申し訳ない。悔しいですね」。反骨心を燃やし、急ピッチで1軍復帰に仕上げていく。

12日から2軍本隊に合流し、シートノックで外野守備をこなす予定。ロジャースらが懸命に埋めている大きな“穴”は、もうすぐ埋まる。 (新里公章)

No image

フリー打撃で12本のサク越えを放った糸井

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
阪神・糸井、緊急昇格も 2試合連続打点で復調アピール
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
前橋育英・皆川149キロ 今大会最速に聖地沸いた
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加