羽生結弦選手に、世界各国から応援メッセージが続々! 羽生選手「全日本ではいい演技が出来るよう頑張ります!」

羽生結弦選手に、世界各国から応援メッセージが続々! 羽生選手「全日本ではいい演技が出来るよう頑張ります!」

  • TVガイド
  • 更新日:2017/11/14

羽生結弦選手に、世界各国から応援メッセージが続々! 羽生選手「全日本ではいい演技が出来るよう頑張ります!」

グランプリシリーズ第4戦・NHK杯(日本大会)が、11月10日~11月12日に大阪市中央体育館で開催されました。

No image

優勝候補筆頭の羽生結弦選手が、11月9日の練習で4回転ルッツを跳んだ際に転倒し、右足関節外側靱帯を負傷。ドクターストップがかかり、残念ながら欠場となりました。ショートが行われた10日、羽生選手は「皆さまご心配をおかけしました。NHK杯出場を目指し、昨夜から先生方に懸命な治療をいただきましたが、残念ながら医師の最終判断で欠場することになりました。今後、治療に専念し、全日本に向けて頑張ります。たくさんの応援ありがとうございます」とスケート連盟を通じてコメントを発表。自国のファンの前で滑ることを何よりも楽しみにしていたという羽生選手。一日も早い回復を、心からお祈りいたします。

男子シングルは、セルゲイ・ボロノフ選手がショート、フリーともに1位で優勝。熟練の技と気迫のこもった演技で会場を大いに沸かせ、悲願のグランプリシリーズ初制覇を果たしました。

No image
No image

日本勢では、友野一希選手がショートで79.88点、フリーで152.05点をマークし、自己ベストを更新する合計231.93点で7位に。また、佐藤洸彬選手はショート75.95点、フリー123.25点、こちらも自己ベストを更新する合計199.20点で11位となりました。
「4回転(ジャンプ)が決まらなかったのは悔しかったけれど、短い調整期間の中では良くできたと思う。今後に向けて、もっともっと力をつけていきたい」(友野)、「悔しい思いもありますが、学ぶことも多かった。楽しい経験をさせていただいた」(佐藤)。
本大会がグランプリシリーズデビュー戦の友野選手と佐藤選手。それぞれの個性が光る、のびのびとした演技で存在感を示しました。

女子シングルは、けがから復帰した宮原知子選手が合計191.80点で5位、本郷理華選手が合計187.83点で7位、白岩優奈選手が合計171.94点で8位に。また、ペアは須藤澄玲選手&フランシス ブードロ・オデ選手が7位、須崎海羽選手&木原龍一選手が8位に、そしてアイスダンスは村元哉中選手&クリス・リード選手が9位、小松原美里選手&ティモシー・コレト選手が10位になりました。

羽生選手のケガによる欠場は、大きなニュースとして世界中を駆け巡りました。同大会に出場していたジェイソン・ブラウン選手は、ショートプログラムのキス&クライで「はやくよくなってください!!」と手書きの温かなメッセージを掲示。さらに、会見でも「日本でユヅルと戦うということは、どんな選手にとっても最高の舞台です。(出場できなかったのは)とても悲しい。何かが欠けているという思いです。誰もが彼のことを思っている。早く回復してほしい」と語っていました。

またSNS上でも「本当に辛くて悔しいと思うけど賢明な判断やったと思う。絶対すぐ良くなる!!!すぐ良くなるように祈ってるぞ!!!」(織田信成さん)、「仲間がけがをしたと聞くのは嫌なこと。早い回復を願っている!」(ネイサン・チェン選手)、「今日は悲しいニュースを聞いた。早い回復を祈り、けがが深刻でないことを願っている」(ミハル・ブレジナ選手)、「彼については、心配していない。困難は、彼をより強くするだけだ」(ミーシャ・ジー選手)など、世界各国のスケート選手たちから、羽生選手への激励の声が続々と寄せられました。

「いつも応援ありがとうございます。この度は、皆様にご心配をおかけし申し訳ございません。10日間は絶対安静と医師から言われました。その後3~4週間で元に戻るとみておりますが、まだ、あくまでも予定でございます。何とか全日本までに間に合うように治療・リハビリに努力いたします。全日本ではいい演技が出来るよう頑張りますので、どうぞリハビリ、練習に専念させていただきますようご配慮の程、何卒よろしくお願いいたします」(羽生選手)。

これまでも多くの試練を乗り越え、そのたびに強くなってきた羽生選手。想像もつかないほどの努力を重ね、フィギュアスケート界を牽引してきた“王者”が、万全の状態で平昌冬季オリンピックの舞台に立てることを願ってやみません。再びすばらしい演技が見られる日を心待ちに、羽生選手の快癒を祈りましょう!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プルシェンコ氏、羽生結弦選手へエール 「4回転、無理してする必要ない。でも...」
羽生結弦を「ケガ欠場」まで追い詰めたメディアの罪
紀平、充実首位 フリーのトリプルアクセルは「安全に」1本勝負 女子ジュニア
宇野昌磨が改めて気づいた、羽生結弦への強い気持ち
“ポスト安藤美姫”へまっしぐら?本田真凜のイメージが急転!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加