15周年のピロカルピン、masaton.を迎えインディーズ期をフォーカスしたワンマン開催

15周年のピロカルピン、masaton.を迎えインディーズ期をフォーカスしたワンマン開催

  • ナタリー
  • 更新日:2018/01/12

ピロカルピンが活動15周年を記念したワンマンライブ「メモリーズ2009~2011」を4月15日に東京・下北沢CLUB Queで開催する。

No image

ピロカルピン

ピロカルピンはこのライブで2009年から2011年にかけての“インディーズ期”にフォーカスを絞った楽曲を披露。またゲストドラマーとしてアルバム「落雷」「幻聴と幻想の現象」「宇宙のみなしご」制作時のメンバーであるmasaton.(3markets[ ])を迎えた特別編成でパフォーマンスする。

彼らのオフィシャルサイトでは明日1月13日0:00から20日23:59までチケットの抽選先行予約、1月21日0:00から2月18日23:59までは先着先行予約を受け付ける。このオフィシャル先行予約でチケットを購入した人にはもれなくアルバム「ノームの世界」のジャケットをデザインしたオリジナルクリアファイルがプレゼントされるので、ファンは早めに申し込もう。

ピロカルピン コメント

ピロカルピンもいつのまにか活動15周年! あっという間だったようなとても長かったような。記念に全曲ライブ!というわけにもいかないので、時期を絞ってその時期の曲をやるというイベントをやってみようということになりました。当時のメンバーのmasaton.をゲストドラマーに迎え、さらに記念ライブらしい内容でお届けします。当時リアルタイムで聴いていた人も、当時を知らない人も、ぜひ一夜限りのメモリアルなライブをお楽しみいただければと思います。

ピロカルピン活動15周年特別企画ワンマンライブ「メモリーズ2009~2011」

2018年4月15日(日)東京都 下北沢CLUB Que

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山崎まさよしさんら北京で熱唱 日中平和友好ライブ
WEAVER、JALのCM彩るバラード配信リリース
吉川晃司、今後1年間は歌わずポリープ治療に専念+2019年2月に“復活&35周年的”武道館公演
【東方神起】「約束を守ってくれてありがとう」 “約束の地”東京ドーム公演をレポート
ももクロ・有安杏果、涙のラストライブ。サプライズの新曲披露に言葉をつまらせる場面も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加