燕・オーレンドルフが自由契約、4試合先発し0勝1敗と振るわず

燕・オーレンドルフが自由契約、4試合先発し0勝1敗と振るわず

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

ヤクルトのロス・オーレンドルフ投手(35)が14日、自由契約選手としてコミッショナー公示された。

今季加入し、開幕から4試合に先発したが、0勝1敗、防御率5・50と振るわず、8月17日に右肩の検査のため米国へ帰国していた。同投手は「監督をはじめ、コーチ、選手、スタッフ、球団職員、そしてファンの方々にはチームに貢献できずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。最後に、応援してくださったファンの皆さんに感謝いたします」と球団を通じてコメントした。

No image

退団が決まったヤクルト・オーレンドルフ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
ヤクルト47年ぶりの90敗、残り7試合でワースト94敗の危機も
日本ハム斎藤佑樹、後輩清宮プロ入り判断「大正解」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加