武井壮 吉田沙保里の“倒し方”を解説「ひたすら小石をぶつけ続ける」

武井壮 吉田沙保里の“倒し方”を解説「ひたすら小石をぶつけ続ける」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

タレントの武井壮(44)が14日、日本テレビ「踊る!さんま御殿」(後7・56)に出演。“霊長類最強女子”として知られる女子レスリングの吉田沙保里(35)の“倒し方”を語った。

No image

タレントの武井壮

司会の明石家さんま(62)が「“百獣の王”やけど、吉田さんには勝たれへんやろ?」と、さすがの武井でもレスリング五輪3連覇の吉田には叶わないと指摘。しかし武井は「そりゃレスリングでは勝てないですけど、サバンナでサシだったら絶対に負けないですよ」と豪語した。

これまでにも様々な芸能人や猛獣の“倒し方”を解説している武井。「スピードは僕の方が絶対に上なので、とりあえず距離を取る。タックルが絶対に入らない距離から、ひたすら小石をぶつけ続ける」と戦法を明かし、スタジオが笑いに包まれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤田ニコル「元彼にチャラい事されて、ボロボロに...」
おぎやはぎ・矢作兼、RaMuのノーパンノーブラ話に「いいなー!」
米倉涼子『ドクターX』のココが“ありえない”。高須院長がズバリ
高橋一生、月9『民衆の敵』大爆死のウラで......あのヒット連ドラのオファーを蹴っていた!?
ヒロミ、貴ノ岩の言動に「俺たちの業界だとしたら」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加